横浜三溪園で歴史ある観梅会『臥竜梅(がりょうばい)』『緑萼梅(りょくがくばい)』も

このイベントは開催・申込を終了しました

横浜三溪園で歴史ある観梅会『臥竜梅(がりょうばい)』『緑萼梅(りょくがくばい)』も

梅と塔

観梅会が2月9日(土)~3月3日(日)、横浜の中区にある三溪園で行われます。

三溪園は古くから梅の名所としても有名で2月から3月にかけて、約600本ある白梅・紅梅などが見事な花を咲かせます。

横浜三溪園で歴史ある観梅会『臥竜梅(がりょうばい)』『緑萼梅(りょくがくばい)』も

竜が地を這うような枝振りの「臥竜梅(がりょうばい)」、花弁の根元にある萼が緑の「緑萼梅(りょくがくばい)」など、珍しい梅も見ることが出来ます。

横浜三溪園で歴史ある観梅会『臥竜梅(がりょうばい)』『緑萼梅(りょくがくばい)』も

臥竜梅

横浜三溪園で歴史ある観梅会『臥竜梅(がりょうばい)』『緑萼梅(りょくがくばい)』も

緑萼梅

初音茶屋で湯茶接待

外苑庭園の奥にある六角の簡素なあずまや「初音茶屋」では昔にならって茶釜をつるして麦湯をふるまっています。

横浜三溪園で歴史ある観梅会『臥竜梅(がりょうばい)』『緑萼梅(りょくがくばい)』も

観梅会初音茶屋

初音茶屋の湯茶の接待は明治の開園当時行なわれていたもので、インドの詩聖タゴールや芥川龍之介も親しんだそうです。その後戦争などで途絶えていましたが、これに使われていた茶釜が保管されていたことを機に、毎年観梅会の際に以前の形での接待が行われています。

横浜三溪園で歴史ある観梅会『臥竜梅(がりょうばい)』『緑萼梅(りょくがくばい)』も

昔の様子

期間中の催し

色々な催しも開催されるので、待ち遠しい春を楽しみに、お出かけしてみてはいかがですか?

  • 毎日:10時~15時30分 初音茶屋での麦湯無料接待
  • 2/10(日)~17(日):9時~16時(最終日15時30分まで) ウメなどの盆栽展【中央広場】
  • 2/24(日) 俳句大会【三溪記念館】要参加費
  • 2/9~3/2の土・日・祝:10時~15時30分(休憩あり) 猿まわし(太郎次郎一門)
  • 3/3(日):11時~12時・13時30分~14時30分 お囃子(横濱本牧囃子連)

開催日

2019年2月9日(土)~2019年3月3日(日)

9:00~17:00(入園は16時30分まで)

住所

神奈川県横浜市中区本牧三之谷58-1  公益財団法人 三溪園保勝会

費用

大人:700円
小中学生:200円

問い合わせ

公益財団法人 三溪園保勝会

電話

045-621-0634

045-621-0634

関連記事

人気記事