写真展「平成時代の神奈川高校野球」松坂投手や松井投手など@県立保土ケ谷公園内「Gallery coen(ギャラリーコーエン)」

シェアする

このイベントは終了しました。

写真や新聞など50枚ほどのパネルが展示されている

 甲子園出場をめざし連日、熱戦が展開されているサーティーフォー保土ケ谷球場がある県立保土ケ谷公園内の「Gallery coen(ギャラリーコーエン)」で高校野球をテーマにした写真展が開かれている。

 1949年に開場した保土ケ谷球場は「神奈川の高校野球の聖地」とも呼ばれ、後にプロ野球でも活躍した名だたる名選手もプレーしてきた。球場を抱える同公園では夏の大会に合わせ7年前から企画展を催し毎年、多くの高校野球ファンを楽しませている。

 今年のテーマは「平成時代の神奈川高校野球」。春夏連覇を果たした横浜高校の松坂大輔投手や、奪三振記録を更新した桐光学園の松井裕樹投手の活躍を報じる当時の新聞記事などがパネル化され展示されている。

 11日にギャラリーを訪れた30代の男性は「自分は『松坂世代』。新聞のパネルを見て泥にまみれながら練習に明け暮れた青春時代を思い出した」と話した。

 パネル展は7月30日(火)まで(水曜休館)で観覧無料。問い合わせは同公園管理事務所【電話】045・333・5515へ。

 

開催日

2019年6月27日(木)~2019年7月30日(火)
水曜日定休

住所

神奈川県横浜市保土ヶ谷区花見台

問い合わせ

県立保土ヶ谷公園管理事務所

電話

045-333-5515

045-333-5515

公開日:2019-07-18

関連タグ