【取材レポ】ヤッホー!横浜で都会のオアシス発見「本牧山頂公園」5つの丘をぐるっと回る

【取材レポ】ヤッホー!横浜で都会のオアシス発見「本牧山頂公園」5つの丘をぐるっと回る

思わず「ヤッホー!」と呼びたくなる見晴らし山

横浜市中区にある本牧山頂公園は、1998年(平成10年)3月31日にオープンして以来、空や風、鳥や昆虫、樹や植物などで親しまれ、林や草地、原っぱなどが広がる自然豊かな公園です。

本牧山頂公園は、よく「三丁目公園?」と間違われるのですが、山の頂の「山頂公園」です。近くに住んでいてもなかなか行く機会がなかったのですが、「山頂」からはどんな絶景がみれるのか?ウォーキングを兼ねて山頂公園に行ってみる事にしました。

本牧山頂公園アクセス

山頂公園に行くにはJR線「根岸駅」・「桜木町駅」から市営バス「和田山口」で下車。いくつかの入口があるようですが、マイカル本牧口からスタートする事にしました。マイカル本牧口右手には200台ほど停められる本牧山頂公園の駐車場があります。駐車場はこちら1か所のみです。

【取材レポ】ヤッホー!横浜で都会のオアシス発見「本牧山頂公園」5つの丘をぐるっと回る

本牧山頂公園駐車場

【駐車場】
駐車料金:60分まで300円 以降20分ごとに100円
アクセス:https://sancho-yokohamaueki.com/access

正面入口はここ。「本牧山頂公園」と書かれた石碑が迎えてくれます。

【取材レポ】ヤッホー!横浜で都会のオアシス発見「本牧山頂公園」5つの丘をぐるっと回る

「本牧山頂公園」入口石碑

本牧山頂公園は横浜市の公園で、横浜植木株式会社が施設管理をしています。

【取材レポ】ヤッホー!横浜で都会のオアシス発見「本牧山頂公園」5つの丘をぐるっと回る

所長の布川榮子さん(左)と副所長の篠田悟さん(右)

所長の布川榮子さん(左)と副所長の篠田悟さん(右)にお話しを聞きました。本牧山頂公園は米軍の接収の土地。雑木林のエリアが多く、大きな山ではなく小高い丘が主な公園。「色々な木がありタブノキ、クスノキ、スダジイなど常緑の木が多く、1年中緑に恵まれています」と話してくれました。

余談ですが、布川さんは以前、中図書館の中に入っている本牧地区センターにいらしたので、コラボイベントを開催したりしてました。篠田さんは2019年の春から山頂公園に着任されています。

本牧山頂公園 5つの丘ポイント

【取材レポ】ヤッホー!横浜で都会のオアシス発見「本牧山頂公園」5つの丘をぐるっと回る

急な坂で転ばないように!

こんな看板をみつけました。丘ならではの看板ですね。

普段、平らなところしか歩いていない者にすると坂道はしんどい。ゆっくりと進むことにします。

和田山の丘

【取材レポ】ヤッホー!横浜で都会のオアシス発見「本牧山頂公園」5つの丘をぐるっと回る

うっそうとした林の中に・・・

和田山の丘は森のデッキを通っていくとうっそうとした雑木林の中にヒマラヤ杉があります。暗くなる前には・・・。迷子にならないように気をつけて戻ろう。

まきばの丘

【取材レポ】ヤッホー!横浜で都会のオアシス発見「本牧山頂公園」5つの丘をぐるっと回る

森林浴が気持ちよさそう

緑に包まれた原っぱが広がり、鳥の鳴き声が響いています。

【取材レポ】ヤッホー!横浜で都会のオアシス発見「本牧山頂公園」5つの丘をぐるっと回る

見晴らし山

本牧山頂公園はその名前通りでした。

【取材レポ】ヤッホー!横浜で都会のオアシス発見「本牧山頂公園」5つの丘をぐるっと回る

見晴らし山近くの「富士山ビューポイント」からの富士山(2019年11月10日撮影)

ここからお天気の良い日はスカイツリーに富士山もみえます。

【取材レポ】ヤッホー!横浜で都会のオアシス発見「本牧山頂公園」5つの丘をぐるっと回る

センター広場は空の爽快感があり、お天気の良い日は、寝っ転がったり、お弁当を広げてみたり。「ここからの夜景スポットも絶景で海からの風で凧揚げには最高の場所」と所長の布川さんが教えてくれました。

レストハウス(休憩所)

耳に入ってくるジョウビタキの高いヒッヒッという鳴き声が響いています。

【取材レポ】ヤッホー!横浜で都会のオアシス発見「本牧山頂公園」5つの丘をぐるっと回る

足が結構、疲れてきたので、レストハウスでひと休み。無料の休憩スペースで9時~17時まで自由に利用する事ができます。ここでお弁当を持ち込んで食べる事もできます。売店はないですが自動販売機はあるので、お茶する事はできます。

どんぐりの丘

【取材レポ】ヤッホー!横浜で都会のオアシス発見「本牧山頂公園」5つの丘をぐるっと回る

雑木林が広がり、生き物たちが観察できる

見晴らし山を後に、様々な生き物を感じることができる「どんぐりの丘」へ。カブトムシやクワガタが生息していたり、蝶を観測することもできます。

【取材レポ】ヤッホー!横浜で都会のオアシス発見「本牧山頂公園」5つの丘をぐるっと回る

様々な蝶の記録(副所長の篠田さん作)

レストハウスには副所長の篠田さんが2019年春から観測した蝶たちの記録が飾られています。

2つの広場
■あそびの広場

【取材レポ】ヤッホー!横浜で都会のオアシス発見「本牧山頂公園」5つの丘をぐるっと回る

あそびの広場

あそびの広場ではどろんこ遊びなど自然の遊びが体験できます。

■キャンプのできる広場

【取材レポ】ヤッホー!横浜で都会のオアシス発見「本牧山頂公園」5つの丘をぐるっと回る

キャンプのできる広場でバーベキューやキャンプができます。今日はこれからバーベキューを楽しむグループが来られるのか、準備をしていました。

【バーベキュー】
◆利用時間:10時~15時(片付け終了時間含む)
◆利用料金:1組1回につき2,000円 ※備品貸出セット込
※1組大人5名まで(小学生以上を大人とする)
※1日10組まで
【キャンプ】
◆利用時間:宿泊キャンプ10時~翌日15時、デイキャンプ10時~15時(片付け終了時間含む)
◆利用料金:キャンプ/1組 1日につき2,000円(備品貸出セット込)、ファイヤーピット/1組 1回につき3,900円
バーベキュー・キャンプ予約https://sancho-yokohamaueki.com/bbq

本牧荒井の丘

アメリカ坂に出ました。

【取材レポ】ヤッホー!横浜で都会のオアシス発見「本牧山頂公園」5つの丘をぐるっと回る

アメリカ坂を渡って本牧荒井の丘に出ます。「本牧荒井の丘からみえる工場夜景がとっても綺麗」と所長の布川さんもおすすめのスポットです。

観山広場(ひざくらの丘)

折り返して、観山広場(ひざくらの丘)に向かう事にします。

【取材レポ】ヤッホー!横浜で都会のオアシス発見「本牧山頂公園」5つの丘をぐるっと回る

観山広場

観山広場では昨年から「本牧ハワイアンフェスタ」を9月に開催しています。春になると桜「ヨコハマヒザクラ」が咲き乱れることから、ひざくらの丘と名付けられました。

またドッグランもあり、愛犬家の皆さんには人気です。

【ドッグラン】
開催日:土曜日・日曜日・火曜日(週3日)
時間:シーズンによって異なるのでホームページで確認を

【取材レポ】ヤッホー!横浜で都会のオアシス発見「本牧山頂公園」5つの丘をぐるっと回る

観山広場には日本画の大家、下村観山のアトリエがあったという事で石碑がありました。

なんだか、陽ざしが心地よくお昼寝がしたい気分になってきました。休憩を兼ねてゴロ~ンとしよう。是非、皆さんも自然を満喫したくなったら本牧山頂公園にお出かけになってみては?

住所

神奈川県横浜市中区和田山1-5 本牧山頂公園

【電車・バス】
■JR線「根岸駅」から市営バス「和田山口」下車(58・99・101系統)
■JR線「桜木町駅」から市営バス「和田山口」下車(8・58・99・101・105・106系統)
■JR線「山手駅」市営バス(222系統)で本牧荒井の丘西口へは「町内会館前」下車、マイカル口へは「和田山口」下車
【車】
■本牧通りのベイタウン本牧5番街(イオン本牧店前)の奥に駐車場があります。
駐車台数:196台
駐車料金:60分まで300円 以降20分ごとに100円

問い合わせ

本牧山頂公園

電話

045-622-2766

045-622-2766

人気記事

注目