〈神奈川県内で初〉野鳥リュウキュウサンショウクイ営巣を秦野市で確認 繁殖に期待

〈神奈川県内で初〉野鳥リュウキュウサンショウクイ営巣を秦野市で確認 繁殖に期待

巣から頭を出すリュウキュウサンショウクイ(八木さん撮影)

 南西諸島や沖縄などで繁殖・生育する野鳥「リュウキュウサンショウクイ」の営巣が、秦野市内で初めて確認された。営巣は神奈川県内でも初めての確認だという。

 観察者は、はだの野鳥の会会長の八木茂さん。4月9日に大倉地区で約15mの杉の木のてっぺん付近の枝に巣を発見し、カメラで撮影した。

 巣はお椀型でウメノキゴケを外側に貼り付けてあり、「体の割に小さく、頭と尾は巣からはみ出していた」と八木さんは話す。

 リュウキュウサンショウクイは、1970年代に南九州に生息していたが、2010年には北部九州、四国、紀伊半島で確認されるなど、温暖化による環境変化で生息域が広がっている。2015年3月には秦野市内でも初めて八木さんが確認し、以降毎年見られるようになっていた。

 リュウキュウサンショウクイに姿かたちがよく似ている夏鳥に「サンショウクイ」がいる。市内で確認した当初、「サンショウクイだと思っていたが、研究者の方からリュウキュウサンショウクイだと回答がありました」と八木さん。胸の色や鳴き方で見分けられるという。

〈神奈川県内で初〉野鳥リュウキュウサンショウクイ営巣を秦野市で確認 繁殖に期待

黒っぽい胸が特徴(八木さん撮影)

 営巣を確認したリュウキュウサンショウクイは4月23日には抱卵に入り、メスが巣の中に座り顔もほとんど見えない状態に。オスが来る時に顔を出す程度で、尾以外は巣に収まっている。

 八木さんは「常にオスメス2羽で行動しています。繁殖に成功することを期待しています」と話している。以下、タウンニュース秦野版に掲載の「秦野の野鳥」参照。

「秦野の野鳥」Vol.110

〈神奈川県内で初〉野鳥リュウキュウサンショウクイ営巣を秦野市で確認 繁殖に期待

リュウキュウサンショウクイ(琉球山椒食)
英名 Ryukyu Minivet
スズメ目サンショウクイ科 全長20cm 秦野では旅鳥か留鳥

 サンショウクイは夏に東南アジアなどから渡ってくる夏鳥です。ピリリ-ピリリ-と鳴き『山椒は小粒でもピリリと辛い』との連想から付けられた名前です。これに対してリュウキュウサンショウクイは名前のとおり、南西諸島から九州、四国の一部で留鳥でした。ところが最近だんだんと生息域が北上し、神奈川県でも目撃例が増えてきました。温暖化の影響とも言われています。サンショウクイは頭と背が黒く、尾が長く、ハクセキレイのような姿で、喉から腹までが白いのに対して、リュウキュウサンショウクイは胸から腹が灰色なのが特徴です。鳴き方はビリリ-ビリリ-と少し濁っています。

 秦野でも2015年3月に筆者が初めて確認したあと、弘法山公園、頭高山、東地区などで毎年見られるようになっています。真冬にも見られています。今年4月、市内での営巣を初めて確認しました。お椀型の小さい巣を杉の木のてっぺん付近に作っていました。

写真:リュウキュウサンショウクイ
撮影場所:弘法山公園
文 写真:はだの野鳥の会 八木 茂
参考:「日本鳥学会鳥類目録第7版」・「鳥630図鑑」・はだの野鳥の会発行「秦野の野鳥(Ⅱ)」・タウンニュース秦野版 2015/4/9日号

住所

神奈川県秦野市

人気記事

注目