感染に注意し触れ合いをー移動動物園を利用してみませんか【相模原市緑区】

感染に注意し触れ合いをー移動動物園を利用してみませんか【相模原市緑区】

子どもに大人気のポニーと加藤所長

 幼稚園や保育園、各種イベントで子どもに人気の「移動動物園」の動物を飼育する寸沢嵐の施設が、新型コロナウイルスの影響で需要が急減し、動物の餌代にも苦労する状況が続いている。「非常に厳しい状況。コロナ対策は万全にしているので、お声をかけて頂ければ」と同社は話し、事業継続へ向け奮闘している。

移動動物園

 移動動物園を運営する(株)どうぶつむら(本社/東京都渋谷区)は1979年に創業し、85年から旧相模湖町寸沢嵐に飼育所として実質的に拠点を構えた。神奈川・東京を中心に関東各地で『いちにちどうぶつむら』と題した移動動物園を開催するほか、平塚市、逗子市、八王子市などでふれあい動物園(ミニ動物園)を運営する。

移動動物園への依頼は、平日は幼稚園や保育園、土日は各種祭りやイベントなどが非常に多い。「少しでも動物と触れあって欲しい」という信念のもと、うさぎやモルモットなどと触れ合うコーナーや人気のポニー乗馬などを行い、毎年700件から800件を開催していた。

「動物たちと触れ合ってほしい」

 ところが、今回のコロナ禍で状況は一変。依頼の主力となっていた幼稚園・保育園は休園を余儀なくされ、イベントや祭りもそのほとんどが中止に。3月末から依頼は1件もない状況が続いている。「外でのイベントですし、職員も来園者も、消毒やマスクの着用を徹底し、一定の距離をとって動物と触れ合うように気を使っている。こういう時だからこそ、動物たちと触れ合って欲しい」と相模湖飼育所の加藤裕之所長は話す。

 同社が現在飼育している動物は、うさぎやモルモット各500匹、ポニー7匹など57種約3000匹。「動物にストレスをかけないように、移動動物園に連れ出した動物は必ず翌日は休ませるようローテーションを組んでいる」と加藤所長。その餌代だけでも最低、月に4万円程度はかかるという。「近所の美術大学などに被写体となる動物のレンタルくらいしか依頼がない。動物たちを育てていくためにも、1件でも多く我々にお声がけいただけたら」と呼び掛けた。

感染に注意し触れ合いをー移動動物園を利用してみませんか【相模原市緑区】

うさぎは500匹飼育する

住所

神奈川県相模原市緑区寸沢嵐 2496-1

相模湖飼育所

問い合わせ

どうぶつむら

電話

042-685-0845

042-685-0845

ホームページ

http://doubutsumura.co.jp/

関連記事

人気記事

注目