ワークショップ参加者募集中「水彩で描く横浜の海と空 」本物の画材を体験【横浜・中区】

このイベントは開催・申込を終了しました

ワークショップ参加者募集中「水彩で描く横浜の海と空 」本物の画材を体験【横浜・中区】

本物に触れ、水彩の不思議な世界へ

横浜で水彩画の公募展を主催する蒼昊美術會(成澤朱未代表)は8月8日と9日、横浜新市庁舎1階の横浜市市民協働推進センタースペースA/Bで「ハガキでつながる横浜の海と空」と題した水彩画を描くワークショップを開催する。

時間は午後1時半〜3時、3時半〜5時の全2回(各回20人まで)。参加費は500円で事前予約制。筆、水入れ、テッシュペーパー、鉛筆HB、パレットを持参。新型コロナ感染症対策でマスクの着用で参加を。

水彩絵の具、水彩用の画用紙など専門の画材を体験しながら、海や空を表現するワークショップ。にしとも広場(8月14日)、なか区民活動センター(8月29日)でも開かれる。

申し込みは氏名、年齢、希望会場、日時、緊急連絡先を明記の上、【メール】sohkoh-art@nifty.comまたは【電話】/【FAX】045・232・4341へ。

開催日

2020年8月8日(土)~2020年8月9日(日)

午後1時半〜3時、3時半〜5時の全2回

住所

神奈川県横浜市中区本町6丁目50番地の10 横浜市庁舎1階

横浜市市民協働推進センタースペースA/B

費用

参加費は500円

問い合わせ

蒼昊美術會

電話

045-232-4341

045-232-4341

メールアドレス

sohkoh-art@nifty.com

注目