「第31回市自治功労賞」を受賞した 林 孝行さん・久地西町自治会会長【2019年1月25日号】

シェアする

多世代が交流する町に

 ○…2003年から久地西町自治会の舵取り役を担う。若い代が活躍する同会では、常に「発言しやすい雰囲気づくり」を心掛ける。あいさつや世間話など積極的に声をかける気さくな人柄で会を引っ張ってきた。「会員の支えあっての受賞。選ばれたことを励みにし、久地西町らしい『顔の見える仲の良い町会』を継続していきたい」

 ○…会長に就任以来、「久地西町自治会の発展」をテーマに掲げた。若者と年配者が交流できるように新たな企画にも挑戦してきた。若い会員が発案した「町に明るい花を植えて気持ちの良い空間にしよう」といった、コミュニティガーデンの設置をサポート。金婚式などの記念日に苗木がもらえる市の制度を利用し、通学路などにアジサイを植え「花いっぱいの明るい町」を実現した。自治会広報「LOVE 西町ニュース」の創刊など会の取り組みは広がりをみせる。「若い人のアイデアから学ぶことが多い。地域貢献のために頑張ってくれる皆に感謝の気持ちでいっぱい」と称える。

 ○…仕事は食品会社を経て定年まで銀行に勤務。転職時に新しい職場の人に優しく受け入れてもらえた経験は、今でも心に残るという。「新天地での生活は誰でも不安に感じるはず。新しく町に引っ越してきた人が自然と地域の輪に入れるように、今度は自分がフォローしていきたいね」

 ○…元気の源は57歳から始めた社交ダンスで、プロダンサーの娘から手ほどきを受ける。「私の方が早く始めたけど、今では先生と生徒の関係になってしまった…」と苦笑いするが、アマチュアで上から2番目のB級ランクと確かな腕前だ。「もうすぐ80歳になるが、A級に合格して奇跡を起こしたい」。持ち前の明るさと視野の広さで町に元気の種をまいていく。

川崎市町内会・自治会ページ

住所

神奈川県川崎市

公開日:2019-01-25

関連タグ

同じ特集の記事