有事に備えできることを 長沢自治会が防災訓練 <長沢自治会>【2021年12月3日号】

シェアする
子どもたち大はしゃぎの芋ほり

 長沢自治会(齋藤英男会長)が11月28日、自治会館などで、プチ防災訓練を行った。

 当日は、6月に片山農園に植えたサツマイモを、子どもたちが収穫。同自治会の老人会『歳歳会』が調理し、炊き出し訓練を行った。サツマイモの炊き込みご飯や甘辛煮のほか、備蓄の乾燥具材を使用してみそ汁200食分を調理。防災機材を使い、不足分や工夫すべき点などの課題を洗い出した。

 また、非常食や発電機、組み立てトイレなどの防災資器材の展示のほか、宮前消防署菅生出張所署員による給水ポンプの説明もあった。担当する同自治会の高橋弘幸さんは「実際にやってみることで得る事は大きかった。自治会外に出て行くことも大切で、各地域で訓練を行うことで、防災意識だけでなく近所づきあいの意識も高められるのでは。継続していきたい」と前向きに語った。

川崎市町内会・自治会ページ

住所

神奈川県川崎市宮前区

公開日:2021-12-03

関連タグ

同じ特集の記事