落語家・月亭方正独演会@相模原市民会館

このイベントは開催・申込を終了しました

落語家・月亭方正独演会@相模原市民会館

 「らくらくごシリーズ〜気楽に落語を楽しむ〜」の第2弾として、11月18日(土)に相模原市民会館で噺家の月亭方正さんが独演会を開く。噺家となって10年を迎える方正さんが自身の集大成と位置付ける今回の独演会。本紙では、噺家としての並々ならぬ思い、そして今回の意気込みなどについてインタビューを行った。
 ――Q1.月亭方正さんは山崎邦正で活動されていた時代を含め、相模原に仕事でいらっしゃったことはありますか。また、相模原にはどのような印象をお持ちでしょうか。
 相模原には何度も行っています。現在は大阪に住んでいますので、行く機会はなかなかないですね。昔は経堂という小田急線沿線に住んでいました。都会と自然が両立していて、住みやすそうだなと感じていました。
 ――Q2.独演会の見どころや、注目ポイントを教えてください。
 今回は二席演(や)らせていただきます。一つは40分を超える大根多もしますので、ぜひ、期待していてください。
 ――Q3.月亭方正さんは噺家になられて今年で節目の10年であり、その集大成を表現するとのことですが、そこで、今回の独演会への意気込みを教えてください。
 早いもので10年が経ちます。お客様はおそらくテレビに出ている僕のイメージで来られると思いますが。いい意味でみなさんの期待を裏切りたいと思います。
 ――Q4.噺家をめざそうと考えている相模原の子どもたちや若者に向けて、エールや、めざす際のアドバイスをお願いします。
 落語は本当にいいです。落語に出会って僕の人生は変わりました。40歳から大きく人間的にも変わったんです。一言では言い表せないですが、落語に触れていると人生の勉強になります。色々な物語があって、その状況やそういった場面では人はこうするべきだというような、生きていく上でのヒントをくれたりもします。そう、人生の処世術にもなります。落語を聞いて、楽しみながら学んでくれたらと思います。
 ――Q5.改めて、市民の皆さんにメッセージをお願いします。
 僕自身が久しぶりの相模原です。落語人生10年目の生き様をぶつけます。ぜひ、生で体感してください。お待ちしております。
○らくらくごシリーズ〜気楽に落語を楽しむ〜・月亭方正独演会…11月18日(土)午後2時開演。チケットは全席指定で前売り2500円(当日2800円)、会館メンバーズ

開催日

2017年11月18日(土)

14:00 〜

住所

神奈川県相模原市中央区中央3-13-15

関連記事

人気記事

注目