活弁映画『瞼の母』・シネマ落語『ローマの休日』をみにいこう

このイベントは開催・申込を終了しました

活弁映画『瞼の母』・シネマ落語『ローマの休日』をみにいこう

 川崎市文化財団としんゆり映画祭の共同企画として11月5日(日)に新百合21ホールで活動弁士と落語家などによる「活弁映画と落語」(第1部)、「シネマ落語」(第2部)が行われる。それぞれ有料。

 1部(正午〜)では活動弁士の澤登翠さんと演奏グループ「カラード・モノトーン」による活弁映画「瞼の母」の上映が行われるほか、初音家左橋さんによる「芝浜」が披露される。2部(午後3時〜)では立川志らくさんによるシネマ落語「ローマの休日」が演じられる。

 チケットは9月30日(土)から発売開始。詳細に関する問合せなどは同ホール(【電話】044・952・5000※午前10時から午後5時まで)へ。

開催日

2017年11月5日(日)

12:00 〜 17:00

住所

神奈川県川崎市麻生区 新百合ヶ丘トウェンティワンホール

費用

第1部2,000円、第2部3,500円

問い合わせ

新百合トウェンティワンホール

電話

044-952-5000

044-952-5000

関連記事

人気記事

注目