樹齢700年!藤沢・遊行寺の大イチョウが堂々たる枝ぶり

樹齢700年!藤沢・遊行寺の大イチョウが堂々たる枝ぶり

藤沢市西富の遊行寺にある大イチョウが紅葉し、見頃を迎えているよ。樹齢700年の枝ぶりは堂々たるもの。昨年の台風で一部損傷をしたけど、今年もしっかりと黄色く色づいてくれました。

樹齢700年!藤沢・遊行寺の大イチョウが堂々たる枝ぶり

遊行寺の宗派は時宗。正式名称は藤澤山無量光院清浄光寺だけど、藤沢市民から「遊行寺」の愛称で良く知られています。江戸時代の浮世絵師・歌川広重の『東海道五十三次』にも遊行寺は登場していて、その当時は江の島一の鳥居を、遊行寺を背景に描いています。

樹齢700年!藤沢・遊行寺の大イチョウが堂々たる枝ぶり

藤沢駅からは北口から歩いて約15分、藤沢本町駅からは約20分で訪れることができます。みんなも歩いてみてね!

ふじさわ歩くページはこちら

同じ特集の記事

関連記事

人気記事

注目