古民家と紅葉の色づきに感じる日本の原風景@新林公園

古民家と紅葉の色づきに感じる日本の原風景@新林公園

藤沢駅南口から15分ほど街中を歩いて到着するのが、新林公園。周辺の山からの湧水でできた溜め池の「川名大池」は、自然に暮らす鳥たちの休息の地。市の鳥でもあるカワセミを見ることもできます。

その公園内にある古民家のまわりで紅葉がきれいに色づいてるよ。古民家と紅葉の織り成す風景は、古き良き日本の原風景のよう。

古民家と紅葉の色づきに感じる日本の原風景@新林公園

この古民家は、「旧小池邸」。江戸時代に水野忠邦が行った「天保の改革」が始まった年である、1841年に棟上げされた歴史ある建物です。小池家は藤沢市の柄沢の旧家で江戸時代には名主を務めました。

古民家と紅葉の色づきに感じる日本の原風景@新林公園

また、公園内には自然散策路があり、街中の喧騒を忘れて自然の中を散策できるます。全長は約1.5km。アップダウンの差が大きな場所もあるから気を付けてね。

古民家と紅葉の色づきに感じる日本の原風景@新林公園

歩いて見つけた藤沢の秋を#ふじさわキュンウォーク で投稿してね。詳細情報はプロフィール欄でチェック!

ふじさわ歩くページはこちら

住所

神奈川県藤沢市川名字新林411番1

古民家は月曜休館

同じ特集の記事

関連記事

人気記事

注目