地元劇団新制作座「泥かぶら」@八王子市南大沢文化会館

シェアする

このイベントは終了しました。

 文化庁による「次のにない手を育成する子ども向けコンテンツ制作事業」である演劇「泥かぶら」(作・演出眞山美保)が2月14日(日)、南大沢文化会館で開催される。主催は元八王子町に拠点を置く劇団新制作座。
 泥かぶらは、泥だらけの「かぶ(太い大根)」と呼ばれた女の子の物語。「人間の美しさとは何なのか」を問いかける作品。同劇団を代表する演目で1952年の初演以来、これまで1万回以上を上演している。今年1月はいちょうホールでも開催。緊急事態宣言下であったが、「生の演劇を観たい」と多くの人が集まったそう。

生きて働く楽しさを

 今回の南大沢での公演は、予定していた全国ツアーの一部が中止になったことに伴い、急遽、決まったもの。同劇団では上演にあたり「過酷な環境の中でも愛すること、信じること、そして生きて働く楽しさを見失わないでください」とし、「コロナ対策に万全を期して開催いたします。どうぞ家族でお出かけください」と呼びかけた。出演は劇団代表の眞山蘭里さん、福島里佳さんら。

開催日

2021年2月14日(日)
13時30分開演で、上演時間は14時間10分(休憩1回)

住所

東京都八王子市南大沢2丁目27

費用

入場は無料。限定250席。
観劇には入場整理券が必要となる。当日券は発行されない。

問い合わせ

劇団新制作座

電話

042-661-0001

042-661-0001

平日:10時〜17時

公開日:2021-02-11

関連タグ