秦野で栽培!出荷最盛期 免疫アップに「葉ニンニク」

シェアする
左から生産者の山口啓三さん、和田薫さん、諸星一雄さんと、葉ニンニクを使った餃子などを開発、販売する「菖蒲庵」の穐山孝彦さん、齋藤佐和子さん

ニラよりも肉厚、ニンニクよりも香りがマイルド。炒め物など油との相性が抜群――。今が旬、近年注目されている野菜が「葉ニンニク」です。秦野で栽培が始まったのは2015年。ニンニク特有の匂いが農作物の鳥獣被害の軽減にもつながることから、はだの都市農業支援センターと神奈川県農業技術センターの支援と、JAはだのの後押しでスタートしました。

秦野市菖蒲で葉ニンニクの栽培に力を入れている生産者の諸星一雄さん(葉ニンニク研究会会長・会員13人)を訪ねました。諸星さんらが栽培している葉ニンニクは「ハーリック」という品種。葉ニンニク専用の品種で球が大きく育つことはないそうです。植え始めるのは9月ごろで11月から収穫できます。収穫までの期間が約3カ月と短いのも特徴です。

見た目はニラとネギのよう、球の部分はラッキョウの2倍くらいの大きさです。ニンニク特有の香りは強すぎないが食欲をそそります。油との相性が抜群で野菜炒めやかき揚げなどに最適だそうです。ビタミンC、ビタミンB2、ポリフェノール、食物繊維などの栄養素も豊富です。葉ニンニク好きの人は最盛期の今、塩漬けにして冷凍し、年間通して料理に使うというほどだそうです。

この美味しさに注目し生産者を応援しているお店

【持ち帰り点心専門店「菖蒲庵」】秦野市鈴張町2-40 0463-80-2051 葉ニンニクをつかった餃子やチヂミを販売
【JAはだの「じばさんず」】秦野市平沢500 0463-81-7707 葉ニンニクを販売

諸星さんは「葉ニンニクの魅力を地元の人にももっと知ってもらいたい。学校給食の食材や市外や都内市場への出荷などもめざしたい。地場産の農産物生産で地域貢献につなげたい」と話しています。

住所

神奈川県秦野市平沢500

公開日:2021-02-18

関連タグ