featureBanner

ママのコミュニティづくりの「最初の一歩」になれたらいいな<わたしの茅ヶ崎暮らし>

シェアする

茅ヶ崎市菱沼在住 村上美砂子(むらかみ・みさこ)さん
神奈川県藤沢市出身。結婚を機に茅ヶ崎に転居して約10年。同県大和市出身のご主人と8歳の長男、4歳(今度の1月に5歳になります)の長女と4人で暮らしている。出産前までは都内の会社に勤務。現在は念願だった自宅起業の夢が叶い、「ベビーマッサージ&おうちパン教室 SMILE(すみれ)」を主宰している。

通勤、レジャーと、茅ヶ崎は交通の便がピカイチ

「茅ヶ崎は通勤にも便利で、藤沢の実家との距離も近くていい場所なんです。夫は『辻堂駅を降りた瞬間の潮の香りが大好きで、仕事モードのスイッチをオフにできる』なんて話してくれます」と話すのは、村上美砂子さん。現在は「ベビーマッサージ&おうちパン教室 SMILE(すみれ)」を主宰し、自宅や市内浜見平にある「まちづくりスポット茅ヶ崎」を拠点に教室を開催している。

そんな美砂子さんの普段の暮らしを伺うと、真っ先に出てきたのは個人商店の名前だった。

「お魚を買うときは、辻堂駅西口からすぐの場所にある『魚勝』さん。その日のオススメを紹介してくれるのがいいですね。八百屋さんなら『青果ことぶき』さん。新鮮な野菜が安く買えます。私がよく買う野菜も覚えていてくれてお話が楽しいんです」

大型のショッピングモールもよく利用するが、個人で長年経営している商店やおいしいお店には目がなく、そういう個人店が充実している温もりが茅ヶ崎にはあるという。

週末は少し遠出するのが村上家流。圏央道が開通したことで、車での交通のアクセスがグンと便利になったそう。「茅ヶ崎から、東名・中央道・関越・東北道へも出やすくなったので、移動もラクです。日帰りでも十分遠出できますし、行った先でたっぷり遊んで帰って来られるようになりました」と、家族のレジャーも思い切り楽しむことができているのだとか。

家族に「おかえりなさい」を言える働き方にシフト

現在は、都内へのお勤めをやめ、週に1、2回パン教室とベビーマッサージ教室を開催している。家族との時間を大切にしながら、自分のペースで働ける環境づくりを少しずつ整えて開業した。

「ずっとフルタイムで働いていたこともあって、なかなか子どもたちとゆっくり過ごせる時間がありませんでした。でも、子どもたちも次第に大きくなりますし、成長を見守れる時間も今しかありません。学校から帰ってきて“おかえり”って言ってあげたいなってずっと思っていたんです」

美砂子さんが持つ管理栄養士の資格やキャリアを活かし、吉永麻衣子先生考案のおうちパンというシンプルな工程のパン作りも定評がある。「素材にこだわりながら安心な食材でつくれるパンは子育てママなら興味のあること。方法さえわかれば楽しく簡単に作れることをたくさんのママたちに知ってもらいたいです」と話す。

自分自身の子育て経験を生かし、ありのままの子育て支援を

教室を始めたきっかけを伺うと、最初に出てきた言葉は、美砂子さん自身の育児の経験だった。

「産後は特に赤ちゃんと二人きりになる時間が多いので、マタニティブルーになってしまう方も少なくありません。私もその一人でしたから」と、美砂子さんは振り返る。赤ちゃんが生まれてすぐの頃は出かけるきっかけも少なく、育児につまずき孤独になりやすい。

「私の場合、初めての育児であったことに加えて、何気ない雑談ができないことからストレスが溜まっていって、ちょっとずつ気持ちが落ち込みやすくなってしまいました。そんなとき、夫の両親がすぐに話し相手になってくれてだいぶ助けられたんです。育児中に大人と話す時間って大切だなって、すごく思いました」

そんな自らの経験もあり、育児の悩みを打ち明けることができて、心が“ふっと”軽くなれる場として教室を開催している美砂子さん。

パン教室にかかる時間は1回あたり1時間半〜2時間ぐらい。事前にパン生地を作っておき、参加者たちは成形(ほぼ切りっぱなしのとてもシンプルな工程!)して焼く。焼いている時間に「お土産用」の生地をこねる。背中におんぶした赤ちゃんは次第にウトウトし始めて、ママたちはつかの間の時間でワイワイおしゃべりするのが楽しい息抜きのひとときになる。

「お教室を始めたばかりですが、いろんなママたちと交流ができて新鮮な毎日です。新しい子育てグッズを知れたり、地域のイベント情報を知れたり。知らないことがいっぱいで、私自身が一番楽しんでいるかもしれません(笑)」

お昼寝アートや男性向けイベントも計画中

取材の最後に今後の「やりたいこと」を聞いてみた。

「そうですね、パン教室ではパパが活躍できるようなレシピもあります。アウトドアでも手づくりパンが注目されていると聞きました。パン教室に参加したのをきっかけに、育児をする女性のライフスタイルに触れるきっかけにもなったらいいですね。それから、ベビーマッサージ教室で新しい企画として『お昼寝アート』をしてみようかと思っています。すごく、かわいいでしょう?」

ニコニコとインスタグラムの写真を見せてくれる美砂子さん。少しだけ出産時期が早かった「友だち」の家に遊びに来ているような雰囲気が心地良い。実際、取材に伺った私も、美砂子さんがつくりだす優しい雰囲気に心が和んで、ついつい子育てについて話し込んでしまった。

穏やかでSMILEに溢れた空間は、ママさんたちのコミュニティの最初の一歩にぴったりなのかもしれない。

Information
■ベビーマッサージ&おうちパン教室 SMILE(すみれ)
https://avisitfromthestork.jimdofree.com/
■Instagram 
https://www.instagram.com/misako.murakami.908/
■ベビーマッサージのYoutube ちがさき動画ライブラリー
https://youtu.be/3BnPfSwY5eo

あわせて読みたい記事

#ちがすきトップページはこちら

公開日:2021-04-01

同じ特集の記事