連載コラム6「歩くを活かす食生活」ふじさわ歩くプロジェクト

シェアする

健康運動指導士の「知っておきたい歩き方」

 日常生活で「歩く」ことはしているけど、食事のことはあまり考えてない…なんてことはありませんか?「歩く」を活かすためには食事も大切です!

 『主食(ごはん・パン・麺)』『主菜(肉・魚・卵・大豆製品がメインのおかず)』『副菜(野菜・海藻・きのこがメインのおかず)』をそろえた1日3食が基本。小腹が空いたらお菓子やジュース…。ではなく『果物』や『乳製品』をとることで、からだづくりや活動に欠かせない栄養を補給することができます。

 生活スタイルに合わせてバランスの良い3食をとることが、「歩く」を活かす食習慣の第一歩!ですが、もっと筋肉維持や脂肪蓄積予防を意識していきたい方には、栄養がしっかり補給された状態での食後に「歩く」がおすすめです。

 まずは何気ない毎日の食事から!食事のバランスやタイミングを意識してみてくださいね。

公益財団法人藤沢市保健医療財団 管理栄養士 森 晴奈

ふじさわ歩くページ

住所

神奈川県藤沢市

公開日:2021-03-22

関連タグ

同じ特集の記事