ついにオープン!藤沢市内有数の自然を感じる「遠藤笹窪谷公園」を歩いてみよう

シェアする

藤沢市内でもトップクラスの良好な自然環境が体験できる「遠藤笹窪谷(えんどうささくぼやと)公園」が7月16日に開園しました。同日、市や地元関係者による式典が開かれました。

この公園は、市内3大谷戸の遠藤笹窪谷の一角を整備した自然公園で、広さは約2.5ヘクタール。2019年度から整備が進められて、このほど完成しました。園内には豊かな自然を体感できる散策路のほか、田んぼやショウブ園、「生物多様性サテライトセンター」を設けています。また、周辺で発生する浸水被害を軽減するための雨水調整池を設け、最大1万1000トンの雨水を貯めることができます。

この日の式典で鈴木恒夫市長は「多くの人に利用してもらえるよう、皆さんと良い公園にしていきたい」と述べ、遠藤まちづくり推進協議会の三田勉会長は「遠藤地区の財産として、地域の方々と大事にしていきたい」と話していました。

園内の駐車施設は、障害者用駐車場が4台、駐輪場が28台。アクセスは、湘南台駅や辻堂駅からのバス「慶応大学」行きから、バス停「慶応大学」で降り、徒歩8分程度です。

藤沢市の北部には豊かな自然が広がっています。この機会に訪れてみてはいかが。

ふじさわ歩くページ

住所

神奈川県藤沢市遠藤4840

公開日:2022-07-30

関連タグ

同じ特集の記事