【体験レポ】古都・鎌倉で記念に「世界にひとつだけ」のはんこ作りしてみた!小学生でも大丈夫。親子で!カップルで!

シェアする
出来上がったはんこを持つ2人
  • 古都・鎌倉に行ったら、日本の文化に触れられる体験をしてみたい」。そんな人たちの間で「はんこ作り体験」が人気と聞いて、様子をレポートしてきました!

JR鎌倉駅から徒歩5分

 おじゃましたのはJR鎌倉駅東口から徒歩5分の場所にある「月野印房」さん。ここは印章専門店「鎌倉はんこ」代表の月野允裕さん「日本が世界に誇るはんこ文化についてもっと知ってほしい」と2021年1月にオープンさせた体験施設。整頓され清潔な空間が印象的です(予約は体験日の前日午後6時まで)。

2021年1月にオープンしたばかり

手ぶらでOK! 小学生でも簡単

 本格的な認印や実印の作成も体験できますが、特に参加者が多いのが「落款(らっかん)彫刻体験」。「落款」とは書道や絵画に「自分の作品ですよ」と押すハンコのこと。

  • この工房では専用の掘りやすい石を使って短い時間でも本格的な体験ができるとあって、小学生からシニア層まで様々な人が参加してます。「費用は道具のレンタルと教材・材料費だけ。道具もその場でお貸ししますので『手ぶら』でお越しください」と月野さん。

 今回体験の様子に密着させてもらったのは鎌倉市内に住む綜太君と寛君です。まずは彫り込む字(1文字)を決めます。苗字や名前から1文字を取る人が多いそうで二人もそれぞれ自分の名前から「綜」と「寛」の字を掘ることにしました。

真剣な表情の2人!

子どもでも約1時間で完成!

 専用の教材で練習したら、いよいよ本番。掘る部分にはあらかじめガイドを入れてくれるので、それに沿って彫刻刀を動かしていきます。さっきまでワイワイ騒がしかった二人も一気に集中モード。

 そして30分後「できた!」と元気な声。試し押しをして、調整すれば「世界に一つだけ」のオリジナル落款が完成です。

  • 受付からここまでわずか約1時間ほど!二人とも「楽しかった」「かっこよく掘れた」と充実した表情。出来上がった落款はもちろんお土産として持ち帰れます。

カッコよく仕上がった落款

何度も挑戦する人も

 「手軽ですが奥が深く『こんなに楽しいとは思わなかった』と2回目、3回目という人も増えてきました」と月野さん。古都で触れる伝統文化。きっと忘れられない思い出になるはずですね。

住所

神奈川県鎌倉市御成町5ー6ー1A

費用

道具レンタル・教材・材料費2,980円~

問い合わせ

「鎌倉はんこ」の体験施設 月野印房

予約は来店前日の午後6時までに

電話

0467-37-9297

0467-37-9297

メールアドレス

kamakurahanko@gf7.so-net.ne.jp

ホームページ

外部HPリンク

公開日:2021-05-27

関連タグ