featureBanner

「レンズ越し」の浜降祭楽しんで 共恵のカフェで写真展【茅ヶ崎市】

シェアする

このイベントは終了しました。

 カフェのあるめがね屋さん一丁目四番地(茅ヶ崎市共恵1の4の15)で、写真展「レンズ越しの浜降祭」が7月31日(土)まで開催されています。

 同店の奥出寿美子店長が「2年連続で浜降祭がないのは寂しい。このまま忘れ去られたら嫌」と展示を企画。茅ヶ崎市を中心に活動する写真同好会「Chipo,s」と、スタジオ山田(共恵1の6の7)の山田登さんが撮影した写真13枚が展示されています。みこしを担ぐ参加者の表情や、祭の様子などがモノクロやカラーの作品で鑑賞できる。作品は今後、入れ替えの可能性も。

 店内には祭の際にみこしを担ぎながら参加者が歌う「茅ヶ崎甚句」が流れ、雰囲気を醸し出しています。

 「気軽に浜降祭を味わいに来てほしい」と奥出店長。来場していた小林行雄さん、美由紀さん夫妻は「祭りがなく寂しかったが写真展が開催され、うれしい」と話していました。

 (問)奥出さん【電話】0467・67・8048(営)午前10時〜午後9時、日曜・月曜定休。

#ちがすきトップページはこちら

開催日

2021年7月6日(火)~2021年7月31日(土)

住所

神奈川県茅ヶ崎市共恵1の4の15

電話

0467-67-8048

0467-67-8048

ホームページ

外部HPリンク

公開日:2021-07-21

関連タグ

同じ特集の記事