featureBanner

20歳の女性2人が茅ヶ崎市白浜町に新拠点『Plant Pittyハウス』を開所!「食の大切さ」見つめ直す場に 

シェアする
「このハウスを拠点に試行錯誤しながら茅ヶ崎を『食を大切にする街』にしていけたら」と田中さん(右)と瀬尾さん

年間612万トンもの食品ロスが発生している日本。その現状を少しでも改善したいと、ガールズバンド『Plant Pitty』のメンバーが「食の大切さ」を見つめ直すとともに、食材を循環させる新拠点を茅ヶ崎市白浜町(白浜町2の31/浜須賀小前交差点の平家・看板有)に誕生させました。

通称『Plant Pittyハウス』を立ち上げたのは、日頃から環境問題や社会問題の解決に向けて活動を行う田中藍奈さんと、瀬尾柚月さんの20歳の女性2人です。これまで音楽活動を通じて食品ロス軽減を訴えてきたほか、飲食店での食べ残し解消のための活動を行ってきました。

同ハウスでは月1回不定期で、家庭で消費されなかった食材の回収と配布のほか、食をテーマに勉強会を行い、市民レベルでの意識改革を目指していくそうです。

有機栽培農家『どっこいファーム』の吉野さんが熱いトーク

キックオフとなった8月20日には、ハウス前で調味料や缶詰、レトルト食品などが回収され、イベント参加者や立ち寄った人など、新たに必要とする人に無料で分配。

有機野菜について熱く語る吉野さん

午後には浜須賀在住の有機農家『どっこいファーム』の吉野正人さんによる勉強会が実施され、有機栽培や食に関心のある女性10人が講話に耳を傾けました。

吉野さんは「自分で作った野菜は格別。自分が食べる野菜くらいは自作する人が増える世の中になれば」と語りました。

第2回目は9月19日の午後1時から「イマハ菜園」の今林久則さんに、生ゴミを堆肥化する「コンポスト」について学びました。

イベント開催時、「余った食材を持ち寄る際は、冷蔵冷凍が不要で消費期限が切れていないものをお持ちください」と呼びかけています。

吉野さんの有機野菜の販売や、回収された食材を無料配布

#ちがすきトップページはこちら

住所

神奈川県茅ヶ崎市白浜町2-31

問い合わせ

田中藍奈さん

メールアドレス

omurice.aina@gmail.com

公開日:2021-09-24

関連タグ

同じ特集の記事