夢が見つかる場所!通信制・サポート校「KG高等学園」平塚・藤沢キャンパスを潜入レポートしました。

シェアする

KG高等学院とは

広域通信制「鹿島学園」「鹿島山北」「鹿島朝日」各高等学校の連携サポート校です。平塚キャンパスは「鹿島学園」「鹿島山北」「鹿島朝日」、藤沢キャンパスは「鹿島山北」「鹿島朝日」と連携。

諸々の事情で全日制の高校に通えない生徒が、3年間で卒業を目指せます

「変えられないのは過去と他人。変えられるのは未来と自分!」を合言葉に多くの生徒が日々過ごしています。日本全国の私立通信制高校サポート校の中でも、学費が比較的抑えめなのもポイント。

  • 「毎日登校する全日制は不安がある」
  • 「小・中学校で不登校を経験した」
  • 「対人関係の悩みで高校進学が不安」
  • 「勉強は苦手。でも高校は絶対に卒業したい」
  • 「今、通っている高校が合わない」
  • 「アルバイトや習い事、通院を優先して通学したい」

などみんな抱える悩みはさまざま。

平塚・藤沢キャンパスでは細かいフォローで高卒資格の取得をサポート。登校は週1日~5日のフリースタイルで、週1日が難しければ10日に1回でもOK。アルバイトや習い事、体調に合わせて登校日や登下校時間を設定できるので、自分のペースで無理なく学習できます。登校日数をできるだけ抑えて、自分のしたいことに集中したい人にもおすすめ!

卒業要件は・・・

  • 3年間の在籍(転・編入の場合は在籍期間と合算)
  • 3年間で74単位以上の取得
  • 3年間で30時間以上の特別活動(転・編入の場合は在籍期間分)

※鹿島学園・鹿島山北・鹿島朝日高等学校に準ずる

単位を取得するには・・・

①レポート等、課題の提出(学習は個別指導で進めます)
②スクーリングへの参加(一人一人がスムーズに参加できるようにバックアップします)
③テスト合格(合格点が取れるようにフォローします)

※鹿島学園・鹿島山北・鹿島朝日高等学校に準ずる

一般的な通信制高校ではレポート等、課題の提出で苦労する生徒が多いそうですが、平塚・藤沢キャンパスでは独自の学習管理システムを導入。生徒の計画的なレポート作成や提出を丁寧にサポートするので、安心して学習に取り組むことができます。また両キャンパスは「個別指導制」。他の生徒を気にせずに学習することができます。

機能的な環境で勉強に集中

平塚キャンパス

4F教室・・・レポート作成、テスト勉強、各種イベントに利用できる教室。マンツーマンの個別指導、テスト前にはテスト対策も。

3F教室・・・「他の人の視線が気になる」「静かな環境で勉強がしたい」という人は個別ブースのこちら。もちろんマンツーマンの個別指導です。

2F自由室・・・飲食したり、ボードゲームをしたり、ゲームや読書をしたり、自由に時間を過ごせる憩いの空間。自動販売機も完備です。

藤沢キャンパス

第1教室・・・レポート作成、テスト勉強、各種イベントに利用できる教室。マンツーマンの個別指導、テスト前にはテスト対策も。

第2教室・・・自習に利用したり、飲食したり、ゲームや読書をしたり、自由に時間を過ごせる憩いの空間。自動販売機も完備です。

面接室・・・多感な時期を送る生徒たち。キャンパス長と生徒の二者面談や保護者を交えた三者面談に利用します。

とにかく行事が盛りだくさん!

有名テーマパークへの宿泊研修、河原でBBQ、ネイルや陶芸体験、フラワーアレンジメントなどのワークショップ、カヌー体験、ボランティア活動、バドミントン、卓球大会などなど、毎月約1回のペースで開催。多彩なキャンパス主催イベントを開催しています。

 

なんと全ての行事が「保護者参加OK」。子どもの意外な一面を見ることができたと好評です!

そのほかにも、安心のバックアップ体制

進学から就職支援までサポート

大学・専門学校への進学はもちろん、小中学校の復習授業、就職支援からアルバイトの面接練習・履歴書作成まで丁寧にサポート。また、大型進路ガイダンスをキャンパス独自で開催しています。

将来に役立つ資格も

オプションコースとして、提携するパソコンスクールで資格取得も可能(特別学割有り)。

卒業生の声

「“夢のタネ”をこの学校で見つけられた」

2018年度卒業生の遠藤長流さんは中学校時代に不登校を経験をしました。「何かを変えなきゃ」という思いで門を叩いた平塚キャンパスで“夢のタネ”を見つけました。

同校での生活は「毎日通う必要はなく、何かを強制されることもなく、自分のペースで学ぶことができたのが大きかった」と遠藤さん。

一番の思い出は修学旅行。入学後もそれほど人付き合いは多くなかったが、「キャンパス長が1人の子たちをひとまとめにして『みんなで行ってこい!』みたいな(笑)。でも結果としてその時のメンバーとはとても仲良くなれました」とにっこり。

いつか自分の名前をスタッフロールに

入学しても多くの退学者が出てしまう通信制高校の中でも、同キャンパスの卒業率は98%以上。遠藤さんは卒業後、ITエンジニア専門学校に進学。ゲーム作りに励んでいます。

進路を決めるきっかけとなったのが同キャンパスが独自主催する大型進路ガイダンス。「10ほどの専門学校が集まったなかで『これだ!』と思いました。ゲームは好きでしたが、相談会がなければそこへ進学するなんて考えることもなかったと思います」

将来の目標は、ゲーム制作の大手メーカーへの就職。「スタッフロールに自分の名前を載せたいんです」と目を輝かせていました。

毎年多くの卒業生が希望を胸に巣立っています。

キャンパスの3つの理念

1.変えられないのは過去と他人、変えられるのは未来と自分!
2.まずは自分を大切に!そして有意義な高校生活を送ろう!
3.過去にこだわらない。一歩先の未来への階段を一緒に登っていきましょう!

個別相談(見学)会も随時受付!

資料請求など問い合わせは下記電話番号から。個別相談(見学)会も随時受付!まずは一度連絡を。

【問い合わせ】KG高等学院 

平塚キャンパス平塚市紅谷町10‐12(グーグルマップはこちら):0463‐22‐4647

藤沢キャンパス:藤沢市藤沢520大島ビル2F(グーグルマップはこちら):0466‐52‐4190

私学特集ページへ

住所

神奈川県平塚市

ホームページ

外部HPリンク

公開日:2021-09-28

関連タグ