世界初公開「小型月着陸実証機 SLIM」(実物大試験モデル)は必見ーJAXA連携企画展「相模原と月」@相模原市中央区:相模原市立博物館

シェアする

PR・イベントは終了しました。

 10月1日(金)から10月17日(日)まで、相模原市立博物館では「相模原市と月」をテーマに企画展が開催されます。写真や映像展示、月にまつわる市内の古くから行なわれていた行事をはじめ、JAXA宇宙科学研究所で行われている月探査や研究成果の情報等を紹介します。今回、世界初公開される「小型月着陸実証機 SLIM」(JAXAで現在開発中の実物大試験モデル)は必見です。

世界中で月を見上げて過ごす夜(国際お月見ナイト)も開催

日時:10月16日(土)16時10分~16時50分
※曇天・雨天等、観望会が実施できない場合は中止となります。(実施判断を当日15時までに行い、同館 HP や Twitter でお知らせします。)
会 場:相模原市立博物館 3F天体観測室

事業内容:十五夜の月を眺める「中秋の名月」とは違い、夕方から宵にかけて月が出ていて、クレータなどが見やすい上弦近くの欠けた月について、望遠鏡などを使って観望します。

観覧料:無料

定員:先着60人(直接会場まで。天体観測室へは実施時間内のみ入場可。)

その他:新型コロナウィルスの影響等により、中止や事業内容の変更の可能性があります。

開催日

2021年10月1日(金)~2021年10月17日(日)
「相模原市と月」開催
9時30分~17時
休館日:月曜日

2021年10月16日(土)
世界中で月を見上げて過ごす夜(国際お月見ナイト)
16時10分~16時50分
休館日:月曜日
※曇天・雨天等、観望会が実施できない場合は中止となります。(実施判断を当日15時までに行い、当館 HP や Twitter でお知らせします。)

住所

神奈川県相模原市中央区高根3-1-15

相模原市立博物館 特別展示室

費用

観覧料:無料

ホームページ

外部HPリンク

公開日:2021-10-06

関連タグ