今井しょうこさん自書『マンガでわかる考古遺跡発掘ワーク・マニュアル』を秦野市教育委員会へ寄贈

シェアする
本を寄贈した今井しょうこさん(左)と佐藤教育長

秦野市平沢在住の今井しょうこさんが10月27日、自書『マンガでわかる考古遺跡発掘ワーク・マニュアル』を秦野市教育委員会へ15冊寄贈しました。

『マンガでわかる考古遺跡発掘ワーク・マニュアル』は今井さんが遺跡発掘調査員として働いてきた10年間で得た知識や感じたことを、初心者向けマニュアルとしてマンガにまとめたものです。現場での体験を描いたマンガの幕間には、発掘・遺跡の知識や、自ら足を運び取材したお勧めの博物館なども紹介しています。『マンガでわかる考古遺跡発掘ワーク・マニュアル』は9月21日に創元社から刊行し、現在は全国の書店で販売されています。

4児の母であり、遺跡発掘を行う民間会社に勤める今井さん。フリーマガジン「kokohada」の編集長を務めるなど多忙な日々を送っています。今回は、『マンガでわかる考古遺跡発掘ワーク・マニュアル』を通じて「子どもたちにライフワークや趣味などでの経験の全てが夢につながることの大切さを伝えたい」と寄付を申し出たということです。

寄贈式で今井さんは、佐藤直樹教育長に『マンガでわかる考古遺跡発掘ワーク・マニュアル』を手渡すと「何歳になっても人は挑戦し続けられる。可能性は無限にあることを伝えられたら」とあいさつしました。佐藤教育長は「秦野の教育委員会が独自に行っている読書活動推進事業『読書の森』を通して、子どもたちに本を読むことの大切さを学んでほしいと思っているので、こうした本の寄贈は大変ありがたい」と話しています。

『マンガでわかる考古遺跡発掘ワーク・マニュアル』は秦野市内の中学校や秦野市立図書館、秦野市内のこども館、はだの歴史博物館へ配布される予定です。

住所

神奈川県秦野市.

公開日:2021-11-10

関連タグ