川崎市全町連、 市へ要望書提出  高津からは既存3件

シェアする
福田市長に要望書を手渡す瀧村会長と副会長ら(同連合会提供)

 川崎市全町内会連合会(瀧村治雄会長/高津区全町連会長)が9月28日、来年度の予算編成に対する要望書を福田紀彦市長に提出した。

 要望書は毎年9月に市内の町内会自治会が全市、各区の要望をまとめて市長に提出している。

 高津区からの要望は【1】JR南武線踏切内の歩行者安全対策(大山街道踏切)【2】「橘樹郡(たちばなぐう)家(け)跡」現地の案内看板等の設置【3】JR南武線久地駅の駅舎橋上化―の既存3件。いずれも3年以上要望している事案となっている。

 瀧村会長は「区だけで解決できる問題ではないので、市をあげて取り組んでもらいたい。すぐに対応してもらえることではないと思うが、粘り強く要望していきたい」と話した。

川崎市町内会・自治会ページ

住所

神奈川県川崎市高津区

公開日:2021-10-08

関連タグ

同じ特集の記事