家族の健康願い 岡上地区でしめ縄づくり<岡上町内会>【2021年1月8日号】

シェアする
教わりながらしめ縄りづくりを体験する参加者ら

岡上公会堂で12月26日、地元住民を対象にお正月用の松飾りなどを作る催し「しめ縄を作ろう」が行われた(岡上町内会主催)。

 参加者らは、ワラを木づちで叩き柔らかくし、ねじり合わせながら輪を作成。ウラジロやゆずり葉など縁起のよい飾りをつけて完成させた。参加者の一人は「講師の皆さんは簡単そうにワラを編むけど、自分でやるとまったくできない。手助けしてもらい何とか形になりました」と感想を話していた。

 例年は70人ほどが参加する人気の催しだが、今回は感染症拡大防止のため、定員を半数にし、入場間隔を空けるなど、3密を回避しながら開催された。

 同町内会は世代も地域も問わず誰でも集える「いこいの場」として『岡の上カフェ』を開催している。よもぎ団子づくりやマジックショーなど毎月開催し今年で4年目。昨年1年間は新型コロナのためにほぼ中止となり、今回のしめ縄づくりは約10カ月ぶりの開催となった。

 同町内会の宮野敏男会長は「久しぶりの開催で皆さんが楽しそうで良かった。感染防止に努めながら、活動できれば」と話していた。

川崎市町内会・自治会ページ

住所

神奈川県川崎市麻生区

公開日:2021-01-08

関連タグ

同じ特集の記事