横浜赤レンガ倉庫で『鍋小屋 2022』至福のはしご鍋!日本各地のご当地鍋・日本酒を堪能できる<2022年1月8日から>

シェアする

PR・イベントは終了しました。

横浜赤レンガ倉庫では、冬の恒例イベント『鍋小屋 2022』が開催されます。2022 年 1 月 8 日(土)から 2 月 6 日(日)までの計 30 日間、横浜にいながら日本各地のご当地鍋や地酒を堪能できるチャンス!

お鍋はどれも1杯サイズなので、まずはさっぱり「極上きのこと鴨の鍋」、次はこってり「博多もつ鍋」、変わり種の「ほっかほかラム生姜鍋」もためしてみようか・・・メニューを迷うのも醍醐味です。ご当地鍋には、その地方の地酒がぴったり!あわせていただけば、いつの間にからだもこころもポカポカに満たされます。

  • 横浜赤レンガ倉庫と海が見える開放的な空間で熱々の鍋を囲み、家族と、仲間と、寒さが厳しい季節ならではの『鍋小屋』をお楽しみください。

あなたはどっち派??

今年は、「さっぱり」と「がっつり」の両方が味わえるよう全国各地から選りすぐりの鍋料理を扱う 12店舗が集結。会場内はお客様が選びやすいよう、「さっぱり通り」と「がっつり通り」に分かれています。通りを歩けば、いい匂いに誘われてついついもう1杯・・・

【さっぱり通り】

「地鶏コラーゲン水炊き」や「秋田名物!本場きりたんぽ鍋」といった鶏ベースの本格・定番鍋から、お肉のうま味をあっさりめのスープが引き立てる「イベリコ豚の塩麹鍋」、「ほっかほかラム生姜鍋」などユニークな味わいまで幅広く取り揃えています。

【がっつり通り】

醤油ベースにもつと野菜のうま味が溶け合う「博多もつ鍋」を筆頭に、アゴ出汁と濃厚味噌のスープでいただく冬の魚介鍋の代表格「活き〆あんこう鍋」、地元のブランド牛を使った「茨城常陸牛すき焼き鍋」など、思わず目移りしてしまいそうな個性豊かなご当地鍋の数々が勢揃いします。

今の子供も昔の子供も  一緒に楽しい!

昭和レトロ空間に「和スイーツ」や「縁日」も登場!

 赤提灯が並び懐メロが流れる会場内は、まるで昭和にタイムスリップしたかのような雰囲気。会場内をゆっくりと巡りながら、日本の冬を味わい尽くす贅沢な食べ歩き体験も、このイベントならではの楽しみです。

2021年は、昔懐かしい「縁日」のコーナーが登場!輪投げ・射的など、子供も大人も一緒に盛り上がれます。また、鍋でほっこりした後に、「どら焼」や「日本酒アイス」など〆の「和スイーツ」を楽しみながら、和食器・雑貨を販売する物販ブースを見て歩くのもたのしいですね。

  • グルメと美酒を堪能する大人同士の嗜みはそのままに、お子様連れでも、テーマパークのように気軽に立ち寄って楽しめます。

人気の「ちょい呑みセット」

オリジナルお猪口がセット

「食事よりもお酒をメインで」という方や、「色々な日本酒をちょっとずつ味わいたい!」という方には、日本酒のチケットとオリジナルお猪口がセットになった「ちょい呑みセット」がおすすめです。ちょい呑みチケット3枚とオリジナルお猪口のセットで1,600円(税込)です。ちょい鍋やおつまみとのセットもあります。※いずれも数量限定

平日は「ハッピーアワーセット」

ビールやサワーも!サクっと昼呑み

焼き鳥6本とビールのハッピーアワーセット

 今年の『鍋小屋』は、平日 14 時~17 時限定で「ハッピーアワーセット」が初登場。各店舗でおつまみとビール・サワー等のセットを1,000 円(税込)でお得に楽しむことができます。

  • “とりあえずビール”派や、日本酒以外で昼呑みを軽めに楽しみたい方など、より楽しみ方が拡がります。

開催日

2022年1月8日(土)~2022年2月6日(日)
(雨天決行、荒天時は休業することがあります)
時 間:平日 12:00~21:00、土日祝 11:00~21:00 ※ラストオーダー 20:30

住所

神奈川県横浜市中区新港 1-1

横浜赤レンガ倉庫イベント広場特設テント

費用

入 場 料:無料 (飲食・物販代は別途)

問い合わせ

横浜赤レンガ倉庫

ホームページ

外部HPリンク

公開日:2022-01-07

関連タグ