<花の台町内会>宮前まち倶楽部 タッグのマルシェ盛況 広がり、可能性に期待【2021年12月17日号】

シェアする
賑わった当日=区提供

 花の台町内会(田村伸一郎会長)と宮前まち倶楽部(辻麻里子代表)が主催の公園清掃とミニマルシェが12月5日に、おちば公園で行われた。

 清掃の後、絵本の読み聞かせのほか、暮らしの地域情報や「宮崎花レンズ」と題した町内で2月の間に撮影された100種の花々の写真などを展示。訪れた住民は200人を超える盛況ぶりだった。他町会長らも視察に訪れており「各町会で開催すべきだ」との声が聞かれた。

 なお、100枚超が回収されたアンケートによると参加者は、町内会未加入者の30代、40代がほとんどだった。田村会長は「町会が一番リーチしたいが届かなかった未就学児の親世代。協力することが新たな道となるのでは」と期待を込める。また『今度は運営側をやりたい』という回答が半数を超えていた。辻代表は「共催することで個々に超えられない壁を越えていける大きな意義が見いだせ、可能性を感じた」と手応えを話した。

川崎市町内会・自治会ページ

住所

神奈川県川崎市宮前区

公開日:2021-12-17

関連タグ

同じ特集の記事