源頼朝に大注目!藤沢の藤澤浮世絵館で「浮世絵が描く鎌倉幕府の物語」開催

シェアする

 源頼朝と鎌倉幕府の御家人に焦点を当てた企画展「浮世絵が描く鎌倉幕府の物語―個性豊かな御家人たち」が、辻堂神台の藤澤浮世絵館で始まりました。同館の収蔵品から武者絵13点などを一挙に展示し、頼朝と藤沢とのゆかりもひもときます。

 今、NHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』で注目を集めている鎌倉幕府。今回の企画展では、江戸時代末期の浮世絵師、歌川国芳が描いた鎌倉時代の武士たちの姿を中心に展示します。また、頼朝が御家人と力士に相撲をとらせる「右大将頼朝公相撲御覧図」や和田義盛が北条義時によって挙兵に追い込まれ、一族が滅亡する様子を描いた「建保元夏五月 和田大合戦」(歌川芳員作)、 藤沢とのゆかりでは、頼朝と近く、江島神社に弁才天が現れることを祈り願った「文覚上人」や頼朝が蜂起した際に挙兵した相模武士「大庭景親」をモチーフにした作品が並びます。

歌川国芳「右大将頼朝公相撲御覧図」

企画展は、2月13日まで。入館無料で、開館は午前10時から午後7時(入館は午後6時30分まで)。みんなも歩いて、藤澤浮世絵に行ってみよう!問い合わせは同館【電話】0466・33・0111へ。

ふじさわ歩くページ

住所

神奈川県藤沢市辻堂神台2丁目2−2 ココテラス湘南 7階

月曜休館

公開日:2022-01-24

関連タグ

同じ特集の記事