featureBanner
NEW

親子で楽しめる「茅ヶ崎市博物館」が 7月30日オープン!茅ヶ崎市堤周辺の自然文化施設の回遊も

シェアする
「茅ヶ崎市博物館」の外観。

茅ヶ崎市堤で整備が進められてきた「茅ヶ崎市博物館」(堤3786-1)が7月30日(土)にオープンしました。これまで市内中海岸にあった「茅ヶ崎市文化資料館」を移転・整備し、その50年の伝統を発展的に継承するかたちとなります。茅ヶ崎の自然や歴史・文化の魅力を発信し、地域や人づくりの拠点を目指します。開館初日の一般公開は午前11時から。

新しい博物館のテーマは、「大地と人の物語」。資料がずらりと並ぶサマリー展示に導かれて基本展示室へ入ると、茅ヶ崎のシンボルが散りばめられた茅ヶ崎絵巻が現れます。そこでは、「海岸・砂丘・川・低地・丘陵」という茅ヶ崎を特徴づける5つの地形に応じ、17の展示テーマを設け、いちどに8テーマずつ展示する予定です。

茅ヶ崎の5つの地形に応じたサマリー展示

年2〜3回の展示替えを行うことで、「いつ来ても同じ」という一般的な博物館の常設展示のイメージを覆し、「訪れるたびに新しい発見ができる博物館」を目指したそうです。

図書室や交流スペースも設置。その場で調べ学習も

館内には、企画展示室や図書室、市民交流スペースも設置。中でも図書室には郷土資料を軸に、自然や歴史・文化に関する入門的な本がそろい、閲覧だけでなく貸出・返却も可能。展示室で興味をもった事柄があれば、その場で調べることができます。

また、市民交流スペースでは、講座や講演会、ワークショップのほか、市民やさまざまな施設・団体などと協力した展示も展開していく予定です。

郷土資料を軸に自然や歴史・文化に関する本がそろう図書室

近隣の文化施設との回遊性も

博物館の南側には、大岡越前公にゆかりのある「浄見寺市重要文化財の「旧和田家住宅が隣接。また、西側方面・約2㎞先には「下寺尾官衙遺跡群」、東側約1㎞先には「市民の森」などもあり、自然・文化施設の回遊性に富んでいます。

『鎌倉殿』の企画展

開館と同時に、企画展示室で夏の企画展「『鎌倉殿』の時代の茅ヶ崎」もスタート。鎌倉時代を中心に湘南や茅ヶ崎にゆかりのある武士や、当時の遺跡として重要である「旧相模川橋脚」を紹介するほか、同時代の出土品などを展示します。

また、夏休み中にはワークショップやギャラリートークも実施予定なので、博物館のホームページで確認を。企画展は10月23日(日)まで

「旧相模川橋脚」のレプリカ

開館時間は午前9時から午後7時まで(図書室利用は5時まで)。観覧無料(※企画展は有料となる場合あり)。休館日は月曜日(祝日の場合は翌平日)、臨時休館日、年末年始。年内は駐車場が工事中のため、公共交通機関またはバイク・自転車での来館を。問い合わせは、同館【電話】0467-81-5607へ。

#ちがすきトップページはこちら

住所

神奈川県茅ヶ崎市堤3786-1/茅ヶ崎市博物館

問い合わせ

茅ヶ崎市博物館

電話

0467-81-5607

0467-81-5607

通常の開館時間は午前9時~午後7時(最終入館6時30分)
※7月30日は11時開館
※8月は毎週月曜の休館日に加え、9日(火)、23日(火)、24日(水)、30日(火)、31日(水)が臨時休館日

ホームページ

外部HPリンク

公開日:2022-08-15

関連タグ

同じ特集の記事