白寿記念した「堀文子展」日本画など100点を展示@県立近代美術館葉山

このイベントは開催・申込を終了しました

白寿記念した「堀文子展」日本画など100点を展示@県立近代美術館葉山

『アフガンの王女』2003年 紙本彩色 個人蔵

 大磯町の日本画家、堀文子さん(99)の白寿を記念した作品展が、県立近代美術館葉山(葉山町一色2208の1)で開かれている。
 堀さんは1918年に東京麹町で生まれ、女子美術専門学校(現・女子美術大学)で日本画を学んだ。当時の先鋭的表現に影響されながら、新たな日本画を探求。メキシコやイタリア、ネパールなどにも精力的に足を運び、独自の世界を築きながら美術展などで受賞を重ねた。
 同展では、初期の作品や絵本の原画をはじめ、世界各地の旅先で筆を走らせた日本画、水彩画など約100点と関連資料50点ほどを展示。白寿を迎えた堀さんの画業を回顧しながら、自然と生命を描き続ける女性日本画家の清新な世界を紹介する。
 来年3月25日まで。午前9時30分から午後5時(入館4時30分)。入館料一般1200円。同展の観覧券で、同時開催中のコレクション展「冬の旅、春の声」も観覧できる。
 問い合わせは県立近代美術館葉山【電話】046・875・2800。

開催日

2017年11月18日(土)~2018年3月25日(日)

入館16時30分まで
月曜休館

住所

神奈川県葉山町県立近代美術館葉山

費用

1,200円

問い合わせ

県立近代美術館葉山

電話

046-875-2800

046-875-2800

人気記事

注目