【現地レポ】地上273mで泳ぐ熱帯魚?横浜ランドマークタワーにシーパラコラボ水族館 ビアガーデンも

シェアする

このイベントは終了しました。

グッピーの水槽越しに赤レンガパークやベイブリッジが望める

開業25周年を迎える横浜ランドマークタワーの69階展望フロア「スカイガーデン」で、同じく25周年の横浜・八景島シーパラダイスとコラボレーションした「地上273mの超高層眺望水族館『SEAPARA SKYGARDEN』」が開催されています。9月2日(日)まで。

早速オープン日の7月14日、写真撮影に行ってきました。ランドマークプラザ広報事務局によると、シーパラとスカイガーデンのコラボは初めてとのこと。

もうすぐ69階

到着してすぐ、フォトスポットや、「お願カード」を結び付けられるハード型のオブジェが設置されています。

キャンペーン終了後は富士山山頂の本宮浅間大社で祈祷が行われるそうです

展望フロア5カ所に「WELCOME」「LOVE」「EXPERIENCE」「HEALING」「COLORFUL」の各テーマで海の⽣き物の展⽰や、地上273mからの絶景眺望と重ねて楽しめる展⽰⽔槽が用意されています。

水槽越しに眺望も

毎日10時30分に「おさかな解説&ごはんタイム」

ピラニアの水槽で飼育スタッフの解説を聞く子どもたち

展示されている魚は「カクレクマノミ」「ピラニア」「ミズクラゲ」など。期間中、毎日10時30分から20分程度、シーパラ飼育スタッフによる解説と餌やりが行われます。運が良ければ、餌やり体験ができるかも。※生物の状態等により内容が変更となる場合があります。

シーパラ25周年アンバサダーの出川哲朗さんがテッポウウオの水槽に…

浮かぶクラゲを眺めながらビアガーデン

空に浮かんでいるみたいなミズクラゲ

スカイガーデン内「スカイカフェ」では、9月17日(月・祝)まで「スカイビアガーデン」を開催しています。展望フロア入場料+2時間飲み放題プランなどがあります(料理は別途。20歳未満のソフトドリンクプランも)。フロアにはテーブル席など特設スペースが計64席。中でも、プレミアムソファ席にはミズクラゲの水槽があるテーブルがあり、下から覗けば空に浮かんでいるような写真撮影も。席予約などは、スカイカフェの専用ホームページで行っています。

ミズクラゲの水槽があるシートはまさにプレミア

開催日

2018年7月14日(土)~2018年9月2日(日)
営業時間 10時~22時(最終入場は閉館30分前)
※8月27日(月)~31日(金)・9月2日(日)は21時まで

住所

神奈川県横浜市西区みなとみらい2‐2‐1 横浜ランドマークタワー

69階展望フロア「スカイガーデン」

費用

入場料(税込)/大人1,000円、65歳以上・高校生800円、小・中学生500円、幼児(4歳以上)200円

問い合わせ

スカイガーデン事務局

電話

045-222-5030

045-222-5030

ホームページ

外部HPリンク

公開日:2018-08-16

関連タグ