家族で近くに住むならUR都市機構の「近居割」【横浜市・川崎市】

このイベントは開催・申込を終了しました

家族で近くに住むならUR都市機構の「近居割」【横浜市・川崎市】

ちょうどいい距離感で暮らす「近居」

「子育ての間は親と近くに住んでいろいろ助けてもらいたい」。近年、そのような理由から子育て世代が、親世代と近くに住みたいという声が増えています。

親世代としても孫と時間が増えるのはうれしいこと。「でも、二世帯同居してお互い気を遣うのは疲れちゃう」と思っている方々におすすめなのが、「近居」というライフスタイルです。

子世帯と親世帯が近くに住む近居は、同じ家で暮らす同居とは異なります。近すぎず、遠すぎず、ちょうどいい距離感で暮らす近居には「両親の老後を近くで見守ることができる」「子育てのよき相談役が近くにいる安心感」「子ども世帯が近くにいるという安心感」「孫の誕生日・入学式などのイベントに立ち会える」など、両方の世帯にメリットをもたらしてくれます。

同じ団地でなくても家賃を割引

UR都市機構では、「近居割」という割引制度を設けて近居を推進しています。

割引には2種類あり、半径2㎞以内のUR団地に二世帯が近居する場合の「近居割」、指定エリア内でUR団地とそれ以外の住宅に二世帯が近居する場合の「近居割WIDE」があります。どちらも条件を満たすことで、5年間募集家賃から5%が減額され、お得に近居をすることができます。

家族で近くに住むならUR都市機構の「近居割」【横浜市・川崎市】

神奈川県内の対象は11エリア

神奈川県内では横浜市や川崎市をはじめ、11エリアで「近居割」と「近居割WIDE」を実施しています。横浜市磯子区の洋光台、青葉区の奈良北、川崎市の虹ヶ丘など、各地に対象物件があります。

「住み戻り」という形も

横浜市旭区の左近山団地も近居割を実施している団地の一つです。入居開始から50年が経過して住民の高齢化が進んでいますが、新たな取り組みも進んでいます。かつてプールがあった場所にウッドデッキやベンチなどを設けた広場「左近山みんなのにわ」が整備されるなど、団地内設備の再整備や商店街のイベントなどをも頻繁に行われ、地域の活性化を図っています。

家族で近くに住むならUR都市機構の「近居割」【横浜市・川崎市】

「左近山みんなのにわ」

この左近山団地では、かつて団地で育った子どもが成長し、子育てを機に再び団地へ戻って暮らす「住み戻り」が増えているそうです。近居割を使った住み戻りをはじめ、少しずつ若い世代が増えていて、団地内で結婚式が開かれるなどイベントも増えています。

家族で近くに住むならUR都市機構の「近居割」【横浜市・川崎市】

今年5月に「左近山みんなのにわ」で開かれた結婚式

近居割の対象物件や、適用条件などはUR都市機構ホームページでチェック。

家族3世代特集TOPに戻る

開催日

2018年9月27日(木)~2018年11月27日(火)

住所

神奈川県横浜市中区本町6-50-1横浜アイランドタワー16階

問い合わせ

UR都市機構

電話

045-682-1556

045-682-1556

定休日:土日祝

関連記事

人気記事

注目