市重要文化財「鵠沼の印袢纏(しるしばんてん)」指定記念で特別展~鵠沼市民センター

市重要文化財「鵠沼の印袢纏(しるしばんてん)」指定記念で特別展~鵠沼市民センター

はんてんを紹介する内藤さん

「鵠沼の印袢纏」市重文に

 明治末期から昭和初期にかけて、別荘に出入りする職人や仕事師らに配られた「鵠沼の印袢纏(しるしばんてん)」が4月1日、市の重要文化財に指定された。今回で市の重要文化財は計80件になる。

別荘文化の歴史を今に

 指定されたのは、鵠沼郷土資料展示室運営委員会が所有する37点。商家の使用人などが着用していたものと同様、藍色に染め抜いたはんてんの襟や背中に屋号や家紋があしらわれている。
 同会副委員長の内藤喜嗣さん(83)によると、はんてんはいずれも寄贈されたもの。鵠沼で別荘文化が花開いた当時、屋敷に庭師や商人が御用聞きなどで出入りしており、身分を証明する「通行証」としての役割を果たした。だが、戦争が始まると物資と交換するためその多くが処分されたこともあり、良好な保存状態で往年の文化の一端を伝える貴重なものという。

市民センターで指定記念特別展

 今回の指定を記念した特別展「鵠沼海岸別荘地で生まれた印袢纏文化と電話回線事情」が同展示室(鵠沼市民センター内)で開かれている。会場では別荘以外にも商店や旅館、職人のはんてんを一堂に展示。往年の電話回線事情もパネルを交えて紹介している。

身分の証明する通行証が、藍色で襟や背中に屋号や家紋の「はんてん」とは素敵ですね! 是非間近でご覧ください。

開催日

2019年4月1日(月)~2019年8月15日(木)

開館は10時から16時まで。
休館日は月曜日、年末年始。

住所

神奈川県藤沢市鵠沼市民センター内 鵠沼郷土資料展示室

費用

入場無料

問い合わせ

鵠沼市民センター

電話

0466-33-2001

0466-33-2001

関連記事

人気記事

注目