大和市で初発行「マンホールカード」8月7日(水)から配布

大和市で初発行「マンホールカード」8月7日(水)から配布

カードに使用されたデザインのマンホール。「ごうりゅう」は雨水・汚水両方が通る合流管のこと、「14」は耐荷重14トンであることを示している。カード裏面にはデザインの由来などが記されている。

地域の名所や名産などを描いたマンホールをカード化した「マンホールカード」が大和市でも8月7日、初めて発行される。

カードに使用されたマンホールは今年2月、市制60周年を記念してデザインされたもの。泉の森の緑のかけ橋や水車小屋、「市の鳥」のオナガなどがカラフルに描かれており、シリウス前の歩道に3カ所、南林間の四条通り交差点近く(長野サイクル前)に1カ所の計4カ所設置されている。

カードは2千枚発行。予算は4万円だった。配布は、月〜金曜日が市役所4階の下水道経営課、土日は1階ロビーで。閉庁日の配布はなし。配布は受付順に1人1枚で、配布時の簡単なアンケートに回答が必要。なくなり次第休止となる。在庫状況や追加発注後の配布などについては市のホームページで随時案内となる。

問合せは下水道経営課【電話】046・260・5720。

マンホールカードは、下水道広報プラットホーム(GKP)が下水道事業への理解を深めることを目的に2016年4月に開始した全国統一企画。年に2〜3度発行されている。今回が第10弾で、61自治体から61種類が発行される。大和市の他、座間市、藤沢市など全国48自治体が初参画となる。第1弾からの累計は、全国455団体539種類のカードが発行され、総発行枚数は414万枚に上る。

近年愛好家が増え、昨年小田原市で発行されたカードはGW期間中だけで2千枚以上を配布。そのうちの6割が市外からの来訪者だった。

開催日

8月7日から配布
月〜金曜日が市役所4階の下水道経営課、土日は1階ロビーで。閉庁日の配布はなし。なくなり次第休止。

住所

神奈川県大和市大和市役所

問い合わせ

下水道経営課

電話

046-260-5720

046-260-5720

関連記事

人気記事