川崎ルフロン前に『街角ピアノ』9月14日から3週間~キッチンカーや移動図書館も

川崎ルフロン前に『街角ピアノ』9月14日から3週間~キッチンカーや移動図書館も

教文で使われたピアノを活用

道行く人をはじめ、誰もが気軽に演奏できる「ストリートピアノ」が9月14日から3週間限定で川崎駅東口の商業施設「川崎ルフロン」前広場に設置される。市教育文化会館で長年使用されてきたピアノを活用します。

 市が川崎駅東口前広場で実施する社会実験の一環として、10月6日まで行われます。

 ストリートピアノは、商店街や駅などの公共施設に不要になったピアノを設置し、誰もが自由に弾くことができる取り組み。全国各地に広まりを見せ、神奈川県内では横浜市などで行われています。

川崎市によると、市でのストリートピアノは今回が恐らく初めてだといいます。

市ではストリートピアノを通じて、「街の賑わいや様々な人のコミュニケーションが生まれる」ことに期待を寄せています。

 市教育文化会館で長年使われたピアノを活用。同会館には川崎区出身の故坂本九さんをはじめ、川崎に縁のある音楽家が足を踏み入れている。「そうした場所にあったピアノに思いをはせ、親しんでもらえれば」とも市の担当者は語っています。ピアノを身近に感じてもらうために期間中、ピアノにデザインを施すペイント体験会も行われます。

 市は実験後、様々な課題を洗い出し、また、今回使用されるストリートピアノの活用法も検討。設置を希望する商店街や協力者に引き継ぐこともあるといいます。

 実験期間中、トレーラーハウス型の図書スペースの開設や週末には、飲食が楽しめるキッチンカーも登場します。開催時間は午前11時から午後9時。雨天時は中止。

 実験の詳細は、 https://www.facebook.com/shakai.jikken.fes/で確認できる。

開催日

2019年9月14日(土)~2019年10月6日(日)

11時~21時(雨天時は中止)

住所

神奈川県川崎市川崎ルフロン

川崎駅東口の商業施設「川崎ルフロン」前広場

関連記事

人気記事

注目