藤沢「新林公園」古民家に広がる『梅』の甘~い香り

シェアする

藤沢市の中心街からほど近い、緑の谷間に広がる「新林公園」では古民家前に甘い香りの『梅』が2月上旬には見頃を迎える。

昔の生活の道具がそのまま置かれている古民家

移築保存された江戸時代の古民家の中は、昔の生活の道具がそのまま置かれ、タイムスリップしたのでは!?と感じてしまうほど。そんな空間で楽しむ梅は、まさに日本の原風景。

旧福原家長屋門(市指定文化財)

公園の入口には市指定文化財の長屋門が構え、ここをくぐり、さあ公園散策スタート!

カワセミやリスと遭遇も

かわいいリスと遭遇できるかもしれない広場

園内には、子供向けの遊具も揃い、シートを広げた家族連れで賑わっている。山の尾根に沿った散策路もあり、リスと遭遇なんてことも。湧き水の溜め池「川名大池」は、バードサンクチュアリとなっていて、藤沢市の鳥「カワセミ」を見られたり。

自然の営みを小さな谷戸の中で観察できる新林公園で、のんびりひと時を過ごしてみては?

住所

神奈川県藤沢市新林公園

駐車場35台(無料)
台数に限りがあるので、公共交通機関を利用がおすすめ。

ホームページ

外部HPリンク

公開日:2020-02-02

関連タグ