オオツノヒツジの赤ちゃんに愛称を!5月31日までツイッターで募集中【横浜市・金沢動物園】

シェアする
オオツノヒツジの赤ちゃん(右)と母親のノゾミ

【お知らせ】臨時休園中だった金沢動物園は、2020年6月11日から営業を再開いたします。営業時間など詳細はHPでご確認ください。HPはコチラ

 金沢動物園で4月23日、オオツノヒツジのメスの赤ちゃんが誕生した。同園では現在、赤ちゃんの愛称を募集している。

オオツノヒツジ

 ウシ科のオオツノヒツジは、国内では金沢動物園と盛岡市動物公園(岩手県)の2園で計19頭が飼育されている。オスは体長120〜170cm、体重57〜140kg。メスはオスより一回り小さく、10頭程度の小さな群れで暮す。メスを巡ってオス同士が争うことがあり、角突きは有名だという。

愛称のルール

 愛称の条件は、

  • 「S」から始まる名前(例・Sakura『さくら』など)
  • みんなを元気づける、みんなで頑張ろうなどの思いがこもった名前

であることをあげている。

応募は、金沢動物園公式ツイッター「オオツノヒツジ愛称募集」のコメント欄に。上記条件を満たす名前をつけ、その理由とともに投稿する。

募集期間は5月31日(日)まで。金沢動物園の職員が愛称を決め、同園ホームページや公式SNSで知らせる。詳細は、同園ホームページ【URL】http://www.hama-midorinokyokai.or.jp/zoo/kanazawaへ。

住所

神奈川県横浜市金沢動物園

問い合わせ

横浜市立金沢動物園

ホームページ

外部HPリンク

公開日:2020-05-28