西洋や日本のハーブ約60種類が6月下旬まで見頃@ 藤沢市長久保公園

西洋や日本のハーブ約60種類が6月下旬まで見頃@ 藤沢市長久保公園

長久保公園都市緑化植物園のハーブ園(辻堂太平台2の13の35)で、ラベンダーやダイヤーズカモマイルなど複数のハーブの花が見頃を迎えている=写真。

6月下旬まで見頃が続く 

 同園には、西洋や日本のハーブ約60種類が栽培されている。現在はアロマオイルなどで使われる「ベルガモット」、ハーブティーに利用される「マロー」などが咲き、紫や黄色、ピンクなどの花で園が色づいている。6月下旬まで見頃が続くという。

「見る」「食べる」「香る」「飲む」の4つの花壇 

 また同園では、4月により分かりやすくハーブを紹介しようと「見る」「食べる」「香る」「飲む」の4つの花壇を設置。種類や用途の違うハーブを楽しめる。

 開園時間は午前8時30分から午後5時。月曜休園。問い合わせは長久保公園【電話】0466・34・8422へ。

 

開催日

開園時間は午前8時30分から午後5時。月曜休園。

住所

神奈川県藤沢市長久保公園都市緑化植物園

アクセスは神奈中バス「長久保」下車徒歩3分。
小田急江ノ島線で「本鵠沼駅」下車、徒歩15分。
*駐車場は少ないので、公共機関をご利用ください。

費用

無料

問い合わせ

長久保公園都市緑化植物園管理事務所

電話

0466-34-8422

0466-34-8422

ホームページ

https://nagakubo-kouen.jp

注目