川崎市・麻生市民館で「区の花」ヤマユリ披露

このイベントは開催・申込を終了しました

川崎市・麻生市民館で「区の花」ヤマユリ披露

昨年展示された開花鉢=提供

 「麻生ヤマユリ植栽普及会」によるヤマユリの開花鉢の展示が、6月29日(月)から7月8日(水)の平日に行われる。会場は麻生市民館2階の市民ギャラリーと図書館前のロビー。

 ヤマユリは百合丘の地名の由来になったと言われる山野草。種から開花までは約5年かかる。区制30年の2012年には区の花に制定された。

 かつては区内のさまざまな地域で咲いていたが、都市化や温暖化などの影響で現在では容易に見られなくなった。同会は、区内で保全や植栽活動に取り組んでいる。

 花の開花時期にあわせ、毎年6月下旬から7月上旬に区役所ロビーで会員が育てた鉢の展示を行ってきた。今年は市民館に場所を変更。開花鉢のほか、区内のヤマユリ開花地図、ヤマユリの生育方法、開花写真などをパネル展示する。

 時間は午前10時から午後4時(初日は午後1時から、最終日は1時まで)。問合せは区地域振興課【電話】044・965・5116。

開催日

2020年6月29日(月)~2020年7月8日(水)

期間中平日のみ
10時~16時(初日は13時から/最終日は13時まで)

住所

神奈川県川崎市麻生市民館

問い合わせ

麻生区地域振興課

電話

044-965-5116

044-965-5116

関連記事

注目