重要文化財など約40点展示『鎌倉の工芸」』@鎌倉国宝館で8月23日まで

このイベントは開催・申込を終了しました

重要文化財など約40点展示『鎌倉の工芸」』@鎌倉国宝館で8月23日まで

青蓮寺蔵の蓮唐草蒔絵箱型礼盤(重要文化財)

 重要文化財などを含む工芸品を一堂に集めた特別展「鎌倉の工芸」が鎌倉国宝館(鶴岡八幡宮境内)で現在開催されている。8月23日(日)まで。

中国大陸の文化が影響をもたらした作品 

 北条執権の時代に学問や文学、美術など、さまざまな領域で中国大陸の文化が影響をもたらした。大陸から入ってきた仏具や仏画、調度品は唐物として珍重され、国内の工人もその造形美を追い求め、多くの作品を残しているという。

重要文化財など約40点が展示

 今回の企画では、円覚寺蔵の青磁袴腰香炉(重要文化財)や青蓮寺蔵の蓮唐草蒔絵箱型礼盤(同)=写真=など約40点が展示される。観覧料は一般400円、小中学生200円。午前9時から午後4時30分まで(入館は4時まで)。8月10日を除く月曜日休館。

 問い合わせは鎌倉国宝館【電話】0467・22・0753へ。

開催日

2020年7月18日(土)~2020年8月23日(日)

午前9時から午後4時30分まで(入館は4時まで)。8月10日を除く月曜日休館。

住所

神奈川県鎌倉市鎌倉国宝館

費用

観覧料は一般400円、小中学生200円。

問い合わせ

鎌倉国宝館

電話

0467-22-0753

0467-22-0753

注目