ひまわり幼稚園/みもこころも、しせいただしく【横浜市戸塚区】

このイベントは開催・申込を終了しました

ひまわり幼稚園/みもこころも、しせいただしく【横浜市戸塚区】

柏尾川を散策する

 太陽に向かっておおららかに咲くひまわりのように、子どもたちを明るくたくましく成長させていきたい――。

 昨年開園70周年を迎えた、幼保連携型認定こども園 ひまわり幼稚園(金子禎園長)。この間の卒園者は5000人を超え、3世代にわたる通園者もいる歴史ある幼稚園です。

『遊び』が『仕事』

 特長は数多くありますが、その1つがいわゆる「勉強」は行わないこと。金子園長は「乳幼児は『遊び』が『仕事』。遊びを通じて協調性や礼儀作法、体力など、人として生きて行く上での土台となる基礎を身につけさせていきます。この時期は将来大きく飛躍するための、準備段階。思う存分遊ぶことが小学校に上がってから学力、体力ともに大きく伸ばすことになります」。

ひまわり幼稚園/みもこころも、しせいただしく【横浜市戸塚区】

ヨーヨー釣りを楽しむ園児

 自信を持って語るその理由は、横浜市の小学校の教員を大学卒業と同時に定年まで勤め上げた金子園長の経歴にあります。「学級担任を経験したあと、豊田、戸部、戸塚各小学校の校長を務めました。小学校で伸びていくお子さんは、乳幼児期に遊びをしています。確信を持って言えることです」

「幼保連携型認定こども園」

 2018年行政などからの要請を受けたひまわり幼稚園は、1歳から5歳までの子どもたちに対応する「幼保連携型認定こども園」として新たなスタートを切りました。

 それに伴い学校法人を取得。さらに清潔で可愛らしい仕様の園舎、「手作りで温かくておいしい!」と評判の給食が食べられる給食室を設置するなど、園児たちが快適に過ごせるよう全面改築しています。しかし、同園のシンボルの裏山は温存。大型商業施設やビルなどが建ち並ぶ戸塚駅徒歩数分という立地では考えられないほどの豊かな自然のなか、園児たちが元気いっぱいに山坂を登ったり、遊具で遊んだりする姿を目にできます。

ひまわり幼稚園/みもこころも、しせいただしく【横浜市戸塚区】

さつまいも掘りに挑戦

多彩なイベント

 また、日々のカリキュラムの充実振りも特筆すべき点でしょう。スイカ割りや七夕まつり、運動会や遊戯会(フェスタひまわり)、いも掘り、餅つきなど魅力に富んだ年間行事が多数組まれています。こうしたイベントを通じ、自らの適正や可能性を気づき、成長していきます。

ひまわり幼稚園/みもこころも、しせいただしく【横浜市戸塚区】

七夕まつりを楽しむ

ひまわり幼稚園/みもこころも、しせいただしく【横浜市戸塚区】

餅つきを体験

 金子園長は「幼保連携型認定こどの園になったことで、年齢差がある乳幼児が新しい園舎で一緒に過ごすことにより、良い影響が出てきています。働く保護者の方々の支援にも力を入れていきたいですね」と話す。

戸塚区幼稚園特集はこちら

開催日

2020年9月10日(木)~2020年11月10日(火)

住所

神奈川県横浜市戸塚区戸塚町5118

問い合わせ

幼保連携型認定こども園 ひまわり幼稚園

電話

045-864-0131

045-864-0131

ホームページ

http://www.himawari-k.jp

人気記事

注目