featureBanner

“絶品キャンプ飯”を作ってみた!表丹沢の麓で見つけた「手ぶらで泊まれる」穴場キャンプ場

“絶品キャンプ飯”を作ってみた!表丹沢の麓で見つけた「手ぶらで泊まれる」穴場キャンプ場

レンタルしたダッチオーブンで、一羽丸ごとのローストチキンに挑戦!スタッフも親切に使い方を教えてくれるので安心

空前のキャンプブーム到来!でも、「事前予約して確実に行ける近場のキャンプ場が良いなぁ」「最近始めたばかりで道具が全然揃っていないけど、キャンプしたい!」ー。そこで今回は、キャンプ初心者ファミリーキャンパーにおすすめしたい神奈川県秦野市にある手ぶらで行ける穴場キャンプ場を紹介!

“絶品キャンプ飯”を作ってみた!表丹沢の麓で見つけた「手ぶらで泊まれる」穴場キャンプ場

まるでリゾートホテル!?のような「秦野市表丹沢野外活動センター」(写真は宿泊ができる研修棟)

晴れた日には大島まで見渡せる抜群の眺望。標高約400メートルの表丹沢の麓に位置する「秦野市表丹沢野外活動センター」に到着です。最近キャンプに興味が出てきたアウトドア初心者記者が、キャンプ飯やテント張りなどノリノリで体験レポートします!

丹沢大山国定公園の中にある施設「秦野市表丹沢野外活動センター」。名前だけ聞くと、「学校や団体研修のための施設だから一般利用はできない?」と思いきや…「えっ!家族でも泊まれちゃうの!?」。

  • どんな所? 家族や友人との利用大歓迎。敷地内には、宿泊もできる研修棟(後ほど紹介!)やレクリエーションに使える活動棟、大浴場・風呂棟のほか、アウトドア体験ができるキャンプ場やバーベキュー場、炊事棟などあり。施設全体がとにかく清潔できれいです。

バーベキュー場で贅沢キャンプ飯

「実は一般の利用大歓迎」という穴場のキャンプ場!この日、記者が体験させてもらったのは、バーベキュー場での“キャンプ飯”作り。同じ敷地内に炊事棟もあるため、水場もあってとても便利ですよ。

さて、今日作るのは…

“絶品キャンプ飯”を作ってみた!表丹沢の麓で見つけた「手ぶらで泊まれる」穴場キャンプ場

ローストチキンと焼きリンゴのキャンプ飯に挑戦

ジャン!なんと贅沢にも丸ごとローストチキンと焼きリンゴ!しかもダッチオーブンでじっくり作るとのこと。「え、そんな道具何も持ってきていないんですけど…」。しかし、お任せあれ。

安い…ダッチオーブンが100円でレンタル

アウトドア初心者は、準備するものから悩むもの。食材さえ持ち込めば気軽に、そしてお得にキャンプ体験できちゃうのが魅力です。

  • ダッチオーブン(大型で性能抜群!)
  • 調理用具セット(飯ごう、ざる、トング、ボール、まな板、包丁、お玉など)
  • 寸胴鍋(豚汁やカレーもたっぷり作れる)

レンタル可能なリスト&料金はこちらをクリック。

“絶品キャンプ飯”を作ってみた!表丹沢の麓で見つけた「手ぶらで泊まれる」穴場キャンプ場

借りられる調理器具。薪も200円で購入可。炊事棟ではかまども使える

“キャンプの達人”でスタッフの安田優さんに指導していただきます。火を起こしてダッチオーブンに鶏一羽とジャガイモを敷き詰め、味付け、そして網の上に置きます。「1時間ほどで焼きあがりますよ」とのこと。

  • ポイント ダッチオーブンをはじめキャンプ道具の上手な使い方はスタッフに尋ねて。丁寧に教えてくれます。

というわけで、リンゴも芯をくり抜き、砂糖とバター、シナモンスティックを挿して銀紙で包み、こちらもダッチオーブンに入れて火にかけました。「楽しみだな…!」。

貸しテントで宿泊もできる

さて、「出来上がるまでどうしようかな」と考えていたところ「テント体験してみますか?」とのこと。「やります!」と即答の記者です。

“絶品キャンプ飯”を作ってみた!表丹沢の麓で見つけた「手ぶらで泊まれる」穴場キャンプ場

スタッフの安田さん(左)。アドバイスをもらいながらテントを張る記者

テントを張るなんて初めての体験!こちらも安田さんに手伝っていただきました。なんとテントが現地でレンタルできるんです!

  • チェック 貸しテントは1張1,000円(5人用)。家族でキャンプ体験に来るのもいいし、登山前に1泊というのもいいかも!

何より借りられるので荷物が少なくていいのがGOODです。もちろん、持ち込みも可能。芝生のテントサイトは、固定するペグも打ちやすいそうで、子どもの力でも出来そう。分からない場合は、スタッフの方がアドバイスしてくれるので気軽に尋ねてみましょう。

“絶品キャンプ飯”を作ってみた!表丹沢の麓で見つけた「手ぶらで泊まれる」穴場キャンプ場

記者も納得の出来栄えのテント

ようやく完成!初めてテントを張ってみたにしては、上出来ではないでしょうか!?このあと、記者はテントの中に寝転がってみたり、吹き抜けていく風を感じたりと束の間のテント体験を満喫しました。

そんなことをしている間に「出来上がりましたよ!」との声。

“絶品キャンプ飯”を作ってみた!表丹沢の麓で見つけた「手ぶらで泊まれる」穴場キャンプ場

さあ、蓋をオープン…

バーベキュー場に戻ると、とてもいい匂いが!お腹が急に鳴り始めました。「早く食べたい!」。用具を借りて、いよいよダッチオーブンの蓋をオープン。すると、そこには…

“絶品キャンプ飯”を作ってみた!表丹沢の麓で見つけた「手ぶらで泊まれる」穴場キャンプ場

レンタルしたダッチオーブンで丸ごとローストチキン。にんにくの香りがまた食欲をそそります

「うわぁっ、美味しそう!」。もうこれしか言えません(笑)。チキンを切ってみると、中からじゅわっと肉汁が。じっくり焼き上げたため、中までしっかり火が通っているのにふわふわ食感。「キャンプ飯最高…!」。こうなったらデザートまで一気です。こちらも蓋を開けると…

“絶品キャンプ飯”を作ってみた!表丹沢の麓で見つけた「手ぶらで泊まれる」穴場キャンプ場

シナモンスティックが枝のようになっていて可愛い

これは”映え”間違いなし。バーベキューやキャンプ飯というと、網で肉や野菜を焼いて食べたり、カレーを作ったりというのを想像していたのですが、こんなこともできるとは。しかも、今回はダッチオーブンを2つ活用しましたが、レンタル代はたったの200円!こんなに美味しいキャンプ飯が作れるとは驚きです。

美味しいご飯に舌鼓を打ちながら、アウトドアへの興味が一気に爆発した記者なのでした。

Wi-Fiもあり!ロッジ風の研修棟は宿泊OK

“絶品キャンプ飯”を作ってみた!表丹沢の麓で見つけた「手ぶらで泊まれる」穴場キャンプ場

「広い~!」。研修棟にある宿泊場所。和室と洋室がある

研修棟は、宿泊が可能ということで、潜入してきました!景色良し、広さも申し分なし。

  • ポイント 「昼間はキャンプ場サイトでデイキャンプ+夜は研修棟に宿泊」なんて計画もOK!
“絶品キャンプ飯”を作ってみた!表丹沢の麓で見つけた「手ぶらで泊まれる」穴場キャンプ場

風呂棟の大浴場。登山の後に泊まってゆったり…というのも良さそう!

そしてこちら大浴場。この旅館のようなお風呂の雰囲気に思わず歓声。浴場は男女別にあります。窓からの景色もまたいいですよ〜。

レポート後記

いかがでしたか?テント宿泊は、1人あたり秦野市内の方は一般400円(小中学生無料!)市外の方でも一般800円(小中学生400円)研修棟での宿泊も秦野市内一般1800円(小中学生無料!)市外の方は一般2400円(小中学生1800円)というから、これは利用しない手はありません。日帰りも良し、表丹沢への登山前の宿泊、もしくは登山後の宿泊もできますので、チェックしてみてくださいね!予約状況はここからチェック。

  • 表丹沢野外活動センターから目指せる山は? 二ノ塔や三ノ塔、塔ノ岳といった表丹沢縦走コースが目指せます。また、ハイキング気分で岳ノ台へも。

秦野市表丹沢野外活動センターから行ける山・ハイキングスポット

秦野山旅ページはこちら

同じ特集の記事

関連記事

人気記事