鎌倉文学館 で『秋バラ』 201種が開花 見頃は11月中旬まで 

鎌倉文学館 で『秋バラ』 201種が開花 見頃は11月中旬まで 

販売中の「鎌倉」

 鎌倉文学館では、毎年多くの人が美しい姿と香りを楽しみに訪れる秋バラが見頃を迎えている。

イベント中止も「コロナ二マケズ」開花

 今年はコロナ禍で、秋の文学館フェスティバルは中止となったが、バラ園を散策し、花を鑑賞することはできる。

鎌倉文学館 で『秋バラ』 201種が開花 見頃は11月中旬まで 

開花したバラと長年維持管理をしてきた荒さん

 バラ園で育てられている201種244株の中には、鎌倉在住の育種家・大月啓仲さんが生み出した「鎌倉」や「流鏑馬」など、鎌倉生まれのバラも多数ある。16年にわたり、維持管理を担当する荒省三さんは「今年は来館者数は少ないが、『きれい』という声が励み。春は見てもらえなかったので、秋バラを一目見に来てほしい」とほほ笑む。見頃は11月中旬まで。

苗木の販売も

 同館では、黄色の花を咲かせ、とげがない「鎌倉」の苗木を1株1600円(税込)で販売中。数量限定。購入には入館料(一般500円、65歳以上の鎌倉市民等は無料)が必要。希望者は建物裏手の事務所へ。

 11月は16日(月)のみ休館。開館時間は午前9時から午後4時30分まで。(問)同館【電話】0467・23・3911

【関連記事】

開催日

9時から17時(入館は16時30分)まで。
月曜休館 (祝日は開館)

住所

神奈川県鎌倉市鎌倉文学館

費用

入館料は一般400円、小中学生200円

問い合わせ

鎌倉文学館

電話

0467-23-3911

0467-23-3911

関連記事

人気記事