藤沢の文化遺産と現代アートが融合!?「藤沢今昔・まちなかアートめぐり2020」

このイベントは開催・申込を終了しました

藤沢の文化遺産と現代アートが融合!?「藤沢今昔・まちなかアートめぐり2020」

歴史が息づく藤沢の文化遺産と現代アーティストたちの共演となる「藤沢今昔・まちなかアートめぐり2020」が11月23日(月・祝)までの土曜・日曜・祝日に、市内3会場で開催されています。

藤沢の文化遺産と現代アートが融合!?「藤沢今昔・まちなかアートめぐり2020」

今回は、市内や近隣在住の現代アーティスト7人が、空間内に作品を展示することによってその空間をアート空間に変える「インスタレーション」という手法を用いています。かつて旧東海道藤沢宿として栄えたこの場所では、蔵や町屋といった文化遺産が豊富にあり、これら文化遺産を生かしながら現代アートを展示しているということです。

藤沢の文化遺産と現代アートが融合!?「藤沢今昔・まちなかアートめぐり2020」

この鉄筋と木材、建築材、廃コードを組み合わせた作品は、藤沢市本町出身の原田暁さんのもの。「宿場町の木造建築から着想を得て、樹木と木材を活かした作品を制作しました」と制作意図を話します。

藤沢の文化遺産と現代アートが融合!?「藤沢今昔・まちなかアートめぐり2020」

会場は、関次商店(藤沢市本町)・旧稲元屋呉服店(藤沢市本町)・有田家(藤沢市大鋸)で、時間は午前11時から午後4時まで。関連事業としてふじさわ宿交流館で、パネル展も開催しています。

ふじさわ歩くページはこちら

開催日

2020年10月31日(土)~2020年11月23日(月)

住所

神奈川県藤沢市本町4丁目5−20

同じ特集の記事

関連記事

人気記事

注目