11.平戸平和台地区連合町内会

シェアする
平戸平和台連合町内会館

主なエリア:平戸の一部

自治会町内会数:4(連合未加入:1)  

連合加入世帯数:約3,000世帯

プロフィール

【地区特徴】平⼾平和台地区は、⼾塚区の東の端に位置していて、⼀丁⽬は南区六ッ川と、⼆丁⽬・三丁⽬は保⼟ヶ⾕区境⽊本町と権太坂、東⼾塚地区の品濃町と接しています。
地区内には、⼤きな舞台のある連合町内会館があり、地域内の各町内会が共有し、様々な活動、また地域住⺠による多くのサークル活動にと⼤変活発に利⽤されています。

【学校区】区境の特徴から、⼩学校は、平⼾⼩・境⽊⼩・南区の六つ川⻄⼩。 中学校は平⼾中・境⽊中・南区の六ッ川中となっています

【地区変遷】昭和38年に平⼾平和台町内会が⽴ち上がりました。当時は川上地区連合町内会に属し、その後分割され平⼾地区連合町内会となり、平成2年に平⼾⼀丁⽬・平⼾⼆丁⽬・平⼾三丁⽬の3町内会で平⼾平和台地区連合町内会を形成しました。
また、昭和55年に東⼾塚駅が開業し、平成7年に地域内に横浜市営バスが運⾏されるようになり、利便性がさらに向上しました。
現在は、企業社宅などの撤退による再開発により⼀般住居が増え、活気ある魅⼒的な住宅地となっています。

ハートプラン

多世代交流と健康づくりを⽬的とした多彩な地域⾏事で地域のつながりを育むとともに、安全・安⼼できれいな住み良いまちづくりに取り組んできました。

【地域防災拠点訓練などの地域の安全・安⼼に取り組んでいます】

運営委員会と各町内会の連携した取り組みが⾏われ、防災マップは全世帯に配られました。

防災訓練

【地域の絆はますます強くなっています】

中学⽣もボランティア参加する 『茜会』、また、新たな地域交流拠点 『にこにこハウス』 は空き家対策の⼀環としてオープンしました。

【多世代が触れ合う健康づくり事業が多彩に展開されています】

伝統の 『⼤運動会』 や、連合町内会館を使って新しい取り組みの 『みんなで楽しむ卓球会』 『映画鑑賞会』 も地域の健康づくり・地域の絆づくりに寄与しています。

運動会

主な活動

地域の絆づくりのために下記活動を⾏っています。コロナ禍が収まり、⼀⽇も早く活気あふれる連合町内会に戻ることを願っています。
(1) 災害時要援護者⽀援活動=連合町内会で⽴ち上げ、各町内会ごと2~3年に1回更新しています。
(2) 敬⽼の祝=敬⽼の⽇に、約700名前後の対象者のお宅にお祝い品をお配りし、祝意をお伝えします。
(3) ⼤運動会=未就学児から⾼齢者まで参加できる種⽬を設け、⼿に汗握る町内対抗種⽬もあり、楽しく秋の⼀⽇を楽しんでいます。(参加者=約400名)
(4) 防災拠点開設訓練=コロナ禍が続く事を前提に、現実的な運営⽅法を模索しています。また、避難者に運営の協⼒を仰ぐ『避難所でのしおり』を急ぎ作成します。
(5) 賀詞交歓会=町内役員・部員、OB、⼀般会員の貴重な親睦の新年⾏事です。
(6) 研修会=時代に即したテーマを選び、各講師をお招きして開く勉強会です。(参加者=約50名)

敬老の祝

地区内の町内会名 (※は連合未加入)

  • 平戸一丁目町内会
  • 平戸二丁目町内会
  • 平戸三丁目町内会
  • グリーンメゾン平戸団地自治会(※)
戸塚区連合町内会自治会連絡会ページ

住所

神奈川県横浜市戸塚区

公開日:2020-02-06

同じ特集の記事