featureBanner

新作絵本を出版「春らしさ表現」【茅ヶ崎・旭が丘在住 あずみ虫さん】

シェアする

茅ヶ崎市内旭が丘在住で絵本作家・イラストレーターとして活躍するあずみ虫さん(45)がイラストを手がけた新作の絵本「おねぼうさんはだあれ?」(片山令子作、学研プラス、税込1540円)が、2月に発売された。

あずみ虫さんは高校まで茅ヶ崎に通い、絵本を学べる専門学校を卒業後、グラフィックデザイナーとして働いた。「やっぱりイラストを描く方が楽しい」と8年前より絵本を出版し、イラストや物語の文章を10冊ほど手がけた。

アラスカの森でイメージ

今回の新作は、ウサギの主人公が冬眠している動物たちを起こしにいくという春の訪れを感じられる絵本だ。作者が発売前に亡くなってしまったことから「恥ずかしくないものを描かなければ」と高い志で挑んだ。そのため、森の描写がうまくできなかった際は過去に度々訪れているアラスカの森へ足を運び、毎日散歩したことで、身近に感じられたという。「花がそっと咲いている感じや春の喜びを出したかった」と話し、アルミ板を切って色を重ねたものをスキャンして絵本を作っていった。

長谷川書店で20日にイベント

4月20日(火)午後3時から長谷川書店ネスパ店6階ギャラリーで「絵本とおはなし会」が行われ、第2部に出演する。新作の読み聞かせやサイン会を行う。事前申し込み制で参加は無料。(問)長谷川書店ネスパ店【電話】️0467・88・0008

#ちがすきトップページはこちら

住所

神奈川県茅ヶ崎市茅ヶ崎市元町1-1‐6階

費用

参加無料

問い合わせ

長谷川書店ネスパ店

電話

0467-88-0008

0467-88-0008

公開日:2021-04-12

関連タグ

同じ特集の記事