featureBanner

茅ヶ崎「えぼしわかめ」が収穫最盛期!柔らかいのに、シャキっとした歯ごたえ!「今しか食べられない新芽を楽しんで」

シェアする

2022年1月29日(土)から限定販売

えぼし岩周辺で養殖されている「えぼしわかめ」。

収穫時期を迎え、1月29日㈯から一般販売が始まります。雄満丸の漁師・田中雄太さんは「今の季節が一番柔らかくておいしい。湯がくと、綺麗な緑色に変わるのが、朝採れの新芽の証。ぜひ味わって」と呼びかけています。

わかめの養殖は、11月上旬から養殖場を整え、12月上旬に約2〜3㎝の種を巻きつけた約30mの養殖縄を浮き球とともに海に沈めるそうです。

収穫は1月末から3月にかけての約2カ月限定。早春のわかめは茎まで柔らかいため、傷めないよう手作業で収穫されます。「ここ2週間は水温が下がって、わかめの伸びが良い感じ」と田中さんは微笑みます。

寒空の下、わかめを袋詰めする田中さん

「松葉ひじき」の販売も

わかめと合わせて、根元の松葉ひじきも販売されます。「国産ひじきは1割しか流通しておらず、中でも早摘みのひじきは希少。茅ヶ崎沖でも採れることを知ってほしい」。

生わかめ500g、ひじき1パックは各500円税込。茅ヶ崎漁港の船宿「沖右ヱ門丸」「一俊丸」での店舗販売のほか、漁師の田中さん(090・3109・9196)から直接購入できます。「わいわい市寒川店」では、各550円税込で取り扱い。いずれも数量限定です。

直接販売は、生ワカメ500g・生ひじき1パック 各500円税込

#ちがすきトップページはこちら

住所

神奈川県茅ヶ崎市/茅ヶ崎漁港

問い合わせ

雄満丸・田中雄太さん

電話

090-3109-9196

090-3109-9196

公開日:2022-01-25

関連タグ

同じ特集の記事