featureBanner

「安全に登校してね」 。茅ヶ崎市内外の企業や団体が新1年生に、黄色い帽子やワッペンなどを寄贈

シェアする
式典に出席した、新1年生になる相馬ひなのさんと平牧奏太くん

4月に茅ヶ崎市立小学校に入学する児童向けに、茅ヶ崎市内外の9つの企業や団体から「交通安全啓発品」が寄贈されました。

2022年度は、「第一カッター興業」から黄色い帽子、「神奈川県トラック協会」と「日本コープ共済生活協同組合連合会」からはランドセルカバー、「日本マクドナルド」からは安全笛、「みずほフィナンシャルグループ」「損害保険ジャパン」「明治安田生命保険」「第一生命保険」から黄色いワッペンが寄贈されました。

2月21日に市役所行われた式典では、昨年、啓発品を受け取った現在の1年生が作った寄せ書き風の感謝状が、各企業の担当者に手渡される「サプライズ」も。

また、4月から新1年生になる平牧奏太くんと相馬ひなのさんが出席し、寄贈された帽子やランドセルカバーをその場で身に付けました。平牧くんは「小学校に行くのが楽しみ」と話し、相馬さんは「お兄ちゃんと同じ学校に行けるのがうれしい」と笑顔を見せた。

第一カッターの高橋正光代表取締役は「子どもたちからのメッセージには素直に感動した。彼らの安全・安心を守っていくのは私たち地域社会全体の責任だと改めて感じた」とあいさつ。佐藤光市長は「これからも子どもたちを見守ってほしい」と話しました。

#ちがすきトップページはこちら

住所

神奈川県茅ヶ崎市

公開日:2022-03-03

関連タグ

同じ特集の記事