featureBanner

コーヒーと本で「日常」届ける 「まち歩きフェス」茅ヶ崎市の高砂緑地で5月4日(水・祝)開催

シェアする

PR・イベントは終了しました。

『茅ヶ崎とコーヒーと本を片手に「まちの日常」にふれる』

分散型のまち歩きコーヒーフェス「Tskasuna Greenery Coffee Festival」が5月4日㈬、高砂緑地(茅ヶ崎市東海岸北1の4の50)で開催されます。茅ヶ崎とコーヒー実行委員会主催。「コーヒーと日常」という一見、抽象的ともいえるワードのもと、ユニークなワークショップが多数参加。イベントを通じ、リラックス気分で楽しめる地域の日常を届けます。

イベントが持ち上ったのは2022年2月。実行委員長の山口理紗子さんの発案でした。

山口さんはキッチンカーで毎日コーヒーをたしなむ中、コーヒーの奥深さ、そしてコーヒーこそが「日常」の象徴であるとの思いを抱きます。日常の世界とコーヒーとのつながりを強く感じるようになったことが、イベントを開催する大きな動機となっていきました。

そうしたことを意識するようになった背景には、コロナもありました。それまでのフェスやマルシェは消費体験であり、非日常体験。ところが、コロナで集まりにくく、遠出しにくい状況となり、人々の意識が、地域や日常へと向かいます。そこに、茅ヶ崎らしい、人と人とのつながりをミックスさせることで、イベントの根幹が固まっていきました。

思いに賛同した山口美旺さん、渡部健さん、石塚和人さんらを仲間に加え、会議を重ねます。自身はコーヒー店を回り、コンセプトに見合うお気に入りの店に、出店を打診。趣旨を理解してくれた地元の3つの専門店が決まりました。

委員長の山口さん(前列中央)の思いに賛同して集まってメンバー

コーヒーと日常という広がりのあるコンセプトも、人々の目を向けやすくした。本の交換やクロマツの植栽体験、アート体験などを手掛ける異色の関係者から呼応する声が上がり、多彩なワークショップが参加することに。イベントがさらに深みを増しました。

実行委員会の会議では、内容などを確認しました

4月19日には委員ら10人以上で会議を実施。準備状況や当日の流れなどを確認しました。開催が迫る中、実行委員長の山口さんは「茅ヶ崎の歩んできた歴史、景観、文化が、日常とともにまちの人たちに育まれている高砂緑地で、当日はゆっくり、コーヒーを片手に茅ヶ崎の日常をお過ごしください」と呼び掛けています。

山口さんにとっては昔から慣れ親しんだ高砂緑地での念願のイベント。癒しの場で、日常を見つめる機会をつくり出そうと目を輝かせます。

【出店】

CRUISE TOWN COFFEE ROASTERS / 道端の喫茶店HAND / ,COMMA co-working, cafe&bar / 株式会社コル / korb / ARTノTANEMAKI / まちなか本棚project / KUROMATSU PROJECT / Takasuna Village / 南本通り商店街 / KONGEN / tetoteto* 

アート体験や、ブックトレードなども

イベントでは、地元コーヒー専門店によるコーヒー豆などの販売、テイスティングのほか、生活雑貨の販売を実施。ワークショップでは、インクとコーヒーを使ってのアート体験(有料)、本の物々交換ができる本棚「ブックトレード」の設置、本の読み語り、クロマツの植栽体験なども行われる予定です。

本の物々交換ができる「ブックトレード」

当日はコロナ対策を徹底し、ガイドラインに沿って実施。茅ヶ崎市、(一社)茅ヶ崎市観光協会後援。開催時間は午前10時から午後4時。小雨一部決行。

【Facebook】 https://www.facebook.com/events/2861614000813839/

【Instagram】 https://www.facebook.com/chigasaki.to.coffee/  

【イベント報告レポ】はこちら

#ちがすきトップページはこちら

開催日

2022年5月4日(水)
午前10時から午後4時。小雨一部決行

住所

神奈川県茅ヶ崎市東海岸北1-4-50 高砂緑地

問い合わせ

茅ヶ崎とコーヒー実行委員会

ホームページ

外部HPリンク

公開日:2022-04-29

関連タグ

同じ特集の記事