小田原市内2カ所でフリマ開催!洋服やアクセサリー、真空管アンプや家電などマニアにたまらない品々も

シェアする

PR・イベントは終了しました。

手作りの真空管アンプと三島さん

市内で真空管アンプを製作している三島史朗さん(86)の真空管アンプ音工房(曽我光海14の1OSビル1階)など2会場で、29日(日)まで「曽我里リサイクル市」が開催されている。午前10時〜午後5時。会期中は無休。

三島さんの工房は、手作りの真空管アンプや家電など、裂織(さきおり)作家の田村陽子さん(72)の工房、回廊瞬(とき)(千代106の1)では洋服やアクセサリーなどを出品している。親交のある2人が昨年5月に始めた催しで3回目の開催。

アナログの音

20世紀後半のトランジスタアンプの普及により真空管アンプの人気は下火となったが、一部のマニアは海外製の真空管を輸入してアンプを自作している。三島さんによると真空管はトランジスタの音に比べて柔らかいと言い、「アナログの音が良い」と魅力を話す。

(問)田村さん【電話】090・6025・3339

開催日

2022年5月29日(日)
まで
午前10時~午後5時 会期中無休

住所

神奈川県小田原市曽我光海14-1OSビル1階

回廊瞬(千代106-1)

問い合わせ

田村さん

電話

090-6025-3339

090-6025-3339

公開日:2022-05-18

関連タグ